読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と盆栽思考 / オロシマ笹 と 鈴木さん

スズメと笹は良く似合う。

私は、梨木香歩さんの書く文章や物語が大好きで、
新作本が出る度に単行本を買い、文庫化されてもまた読んでしまうほど、
次回の作品が待ち遠しいのです…。

そんな梨木さんの作品に「家守綺譚」という本があります、
文庫版の装丁に「神坂雪佳」の「雪中竹」という絵画が使われていますが、
私とスズメの鈴木さんとベランダの植物達とは、
丁度「雪中竹」に描かれている様な距離感を感じているつもりです。
雪上の竹と戯れるスズメとそれをただ見ている人との距離感、
お互いに歩み寄ろうとはせず、相対して各々の時間が流れています。

f:id:hanabusa_do:20131012125314j:plain


オロシマ笹は園芸屋さんでポット売りしていたもの、
100円くらいだったのでなんとなく購入したのですが、
盆にこだわりたくなってしまい、
どうしても青い中国風絵柄の入った鉢に植えたかったのです。

植え替え当時はまだ小さくすっきりしていたのですが、
どんどん新しい葉が伸びてきて今では根を張りパンパンです…、
そろそろ植え替えを検討してやりたいところです。

f:id:hanabusa_do:20131012130351j:plain


雪中竹の絵の様にスズメの鈴木さんも笹と戯れています。
↓この子は未だ嘴に黄色身が残っていて、
羽の具合や戯れるしぐさからみても、まだあどけない若鳥のようでした。

f:id:hanabusa_do:20131012130618j:plain

神坂雪佳の様な素晴らしい絵が描ければよいのですが、
私は筆の代わりにカメラを手に取りました。

笹は丈夫なので放って置いても勝手に育ちます、
鉢が小さいので、毎朝の水くらいは差しますが、
鈴木さん達が遊んでくれる事で一層いきいきしている様(それは笹だけに限りませんが…)にも見えます。

偶に鉢の縁に枯葉が溜まったら取ってやる程度で、
日当たりでも日陰でも良く育つ植物です。
気軽に「盆」と「植物」を楽しむ上ではお勧めのオロシマ笹です。
 

そして、梨木香歩さんの「家守綺譚」の続編「冬虫夏草」が月末に発売との事、
梨木さんの文章を読んでいると、
毎回「懐かしいけど知らない場所に連れて行ってくれる」そんな気分がします。

単に一人の愛読者でしかありませんが、
この場を借りておすすめさせて頂きます。 

冬虫夏草

冬虫夏草

 
家守綺譚 (新潮文庫)

家守綺譚 (新潮文庫)