読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と寺社 / 不忍池と弁天さま (東京都台東区)

上野公園、バルテュス展を見に行ったのだけど、
休館日にあったてしまい、それならばと“鳥”散歩へ。

不忍池弁天堂、少し早めの「カキ氷屋台」にワクワクしながら、

f:id:hanabusa_do:20140623115845j:plain
先ずはお参りを。

f:id:hanabusa_do:20140623115928j:plain
ビル街に囲まれた不忍池、弁天さまは池の真ん中でハスの群生に囲まれています。

f:id:hanabusa_do:20140623120420j:plain
見渡す限りの「蓮(ハス)」増えすぎのようにも見えますが、
ここまで水面を覆うなんてお見事です。夏には綺麗な花が咲くのだろうなぁ…。

f:id:hanabusa_do:20140623120723j:plain
池の端の朽ちた木、元々柵か何かだったのかなぁ?
天然の盆栽が、私はこういうしたたかなのが大好きです。

f:id:hanabusa_do:20140623120906j:plain
蓮池付近ではハトやスズメがたくさん、都会のスズメは人との距離が近いです。

f:id:hanabusa_do:20140623121016j:plain
弁天堂の屋根には「ウミネコ」が。

f:id:hanabusa_do:20140623121117j:plain
一番高いところ、何とも勇ましいその遠くを見る目。

f:id:hanabusa_do:20140623121253j:plain
水かきのついた足がチラッと見えました。

f:id:hanabusa_do:20140623121514j:plain
スズメ隊長!こちらも勇ましく。
お寺や神社の建物に鳥というのはつくづく似合うものだなぁと…。

f:id:hanabusa_do:20140623121554j:plain
「はい、それでは授業を始めます!」スズメ会議が始まっていました。
ポールの上の先生スズメが何やら熱弁をふるっています。

f:id:hanabusa_do:20140623121829j:plain
「カクカクシカジカ、ですから、人間から食べ物を貰ってはいけませんっ!」
f:id:hanabusa_do:20140623122026j:plain
こちらは授業をさぼってお昼寝組、ベンチの手すり。
一緒に入りたい…。

f:id:hanabusa_do:20140623122300j:plain
背伸びしてこちらをちらちら、好奇心旺盛の幼鳥スズメ。

不忍池をぐるりと歩く、今度は子連れのムクドリが。

f:id:hanabusa_do:20140623122514j:plain
「お母さんご飯まだーっ!」

f:id:hanabusa_do:20140623122645j:plain
「あんたもう大きいんだから、自分で探しなさい!」
「まだ子供だもーんっ!」

f:id:hanabusa_do:20140623122837j:plain
同じ池沿いで今度はスズメが砂浴びをしていました。

f:id:hanabusa_do:20140623122937j:plain
たまに頭を上げて、こちらを確かめながら、
恥ずかしそうに砂浴びは続きました。

f:id:hanabusa_do:20140623123121j:plain
池の端まで辿り着くと、
亀が甲羅干しをしながら菖蒲(アヤメ)を眺めていました。
その亀を、今度は“お年寄りのご夫婦”が眺めていました。
のんびりしてていいなぁ。

不忍池・弁天さまの周りは鳥も植物も亀も人ものんびり穏やかでした。