読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と散歩道 / 石神井公園のカイツブリ

週末散歩。
近所の石神井公園に足を伸ばす事が多いのですが、
夕暮れも早まってきて水辺の「ススキ」が秋が深まっている事を教えてくれます。

f:id:hanabusa_do:20131014214927j:plain

背え高のススキが水辺を隠す小道を抜けると、
キジバトが水浴びをするのかしないのか…、
喉を潤してから辺りをきょろきょろ見回していました。

f:id:hanabusa_do:20131014215653j:plain

暫く歩くと「カイツブリ」が夫婦で寝床を作っているのを見付けました。

f:id:hanabusa_do:20131014215924j:plain

水鳥の中でも身体が小さいカイツブリは、
夫婦仲良く一生懸命、小さな小さな浮島に巣材を運んでいました、
週末ともなるとボートの数も増えるのですが、
うっかりボートに追突されそうな小さな小さな塒です。
f:id:hanabusa_do:20131014220003j:plain

たまに巣から離れては巣材を運んで戻ります。

f:id:hanabusa_do:20131014220302j:plain
巣に戻ってはくちばしに加えた枯葉等を重ねていました。
巣材を運んだら、一休みの毛づくろいです。

f:id:hanabusa_do:20131014220451j:plain
どちらがメスかオスかわかりませんが、
巣から少し離れた所でもう一羽、忙しそうに潜ったとか思うと、
巣の直ぐ傍からひょこりと顔を出しましたよ。

f:id:hanabusa_do:20131014220914j:plain

これから寒くなりますが、まだ夏羽の色をしているので、
冬越しの準備かもしれませんね。
冬羽のカイツブリは地味ですが一層可愛いですから、また会えるのが楽しみです。

少し空も暗くなってきたので帰途につくと、
カルガモがもう寝る準備に入っていました。
流石にもう10月ですから、夕方は少しひんやりしてきました、
カルガモも片足を羽に突っ込んで暖をとるしぐさ、
まだそんなに寒くもないせいか、「カモさん!つま先が出てますよー!」。

f:id:hanabusa_do:20131014223628j:plain

だんだんと秋めいてきましたが、
皆さんも布団からつま先を出してお風邪など引かないように…。