鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

キンカチョウ/ペー達のおはなし

猛暑日が続いて大量の汗が出ると共に、身体の中の細かな細胞がどんどん新しいものに入れ替わっていくような気がします。

そんな暑い夏が大好きな「はなぶさ堂」ですが、諸々の事情が重なってブログに関しては久しぶりの更新なので書きたいことがとっても溜まって居ます(汗)。

さて、前回の予告からとっても引っ張ってしまいましたが「ペー達のおはなし」を今日は綴らせて頂きます。

まず「ペー達」ってなに?ですよね?
キンカチョウと初めてあった時その鳴き声に魅了された方は数多いかと思います、私にはその声が「ペーペー」と聞こえたのです。
キンカチョウの鳴き声には色々なオノマトペがつけられますけど、「ミャーミャー」とか「メーメー」とか、「猫みたいな声だ」とか言われます。
はなぶさ堂ではキンカチョウとの会話に「ペーペー」を用いているので、キンカのヒナたちの意味で文中「ペー達」を用いますのでまずはお見知り置きを…。

それでは「ペー達のおはなし」そこそこ長いお話ですが、のんびり楽しんでくださいね。

f:id:hanabusa_do:20170808132854j:plain
時は遡って2017年2月、まだ長袖で過ごしていたひんやりする季節のこと。
キンカチョウの「シド君♂」と「たまき(環♀)」の間に1羽のヒナが孵りました。

f:id:hanabusa_do:20170808133119j:plain
たまき♀もシド君♂も育児放棄はしない子なのですが、早々にお迎えが決まったので、この時ちょうどさし餌をしていたクリーム文鳥のヒナ達と一緒に育てることにしました。

f:id:hanabusa_do:20170808133420j:plain
クリーム文鳥を追い抜く勢いでたくさん食べて、どんどん成長したこの子はシド君♂にもたまき♀にも似てなくて、グレー系統のパイド風な可愛い羽がとっても綺麗な子になりました。

f:id:hanabusa_do:20170808134229j:plain
母になった「たまき(環♀)」この子は「はなぶさ堂」に来る前はいじめられっ子で飛ぶこともできず、うちに来てからは床暮らしのヒメウズラ達と遊んだり、色んなエピソードがあったのだけど、とうとうお母さんになりました。尾羽だってしっかり生えてます!。
だけどね、産後のイライラなのか旦那さんのシド君♂をいじめ始めちゃったんです…。

f:id:hanabusa_do:20170808134510j:plain
やられちゃった…(汗)。男の子なのに…。
ちょっと残酷に見えるかもしれませんが、背中の羽をむしられたシド君♂…、でも大丈夫、この程度の怪我ならば血が出てなければ問題ないと、シド君♂、隔離…。
その後、たまき♀はこんな事したにも関わらず、夜な夜な「寂しい寂しい」とペーペー呼び鳴きをしていたのです。

f:id:hanabusa_do:20170808135050j:plain
なので数週間の後、年上の「てん(甜々♂)」と一緒に生活をすることにさせました。
てん♂は「なつめ(棗♀)」という子育て下手な子と何度か抱卵を失敗しています。
だけどそれも経験、そして年上の貫禄か「たまき♀」はすんなり「てん♂」と仲良くなりました。

f:id:hanabusa_do:20170808142200j:plain
そしてほら、赤ちゃん。
3月22日の写真です。

f:id:hanabusa_do:20170808142335j:plain
ちょびっとだけ見せてくれたけど、すぐに子供達を守るたまき♀。
今度は旦那の羽をむしったりはしていません。
それから10日程度が経って…。

f:id:hanabusa_do:20170808142439j:plain
目が開きたてのペー達、4羽元気にお外に出られました。
そうそう、キンカチョウは文鳥と違ってヒナの成長はとても早いのです。
文鳥の場合だと15日程度で目が開きますけど、キンカチョウの場合は僅か10日程度。
そして身体もとても小さいです。
どちらかというと十姉妹の成長のタイミングと近いですけど、キンカチョウの場合は親鳥が育児放棄をしてしまったり、育児下手で巣の中で踏み殺すなんてアクシデントもあります。
十姉妹の場合はとても子育て上手なので、あんまりそういう心配はいらないけど、キンカチョウの場合は親鳥の性格次第、ヒナを巣上げするタイミングはとても難しいところです。

f:id:hanabusa_do:20170808143348j:plain
ほわほわの毛がまだ残っているバブーな赤ちゃん。
2羽は真っ白い羽が伸びて来ました。
当然まだ立つことすらできません。

f:id:hanabusa_do:20170808143525j:plain
上から見ると羽根の先っちょだけ少し開いて来ています。

f:id:hanabusa_do:20170808143702j:plain
そしてもう2羽、左の子はクリーム系統の色の子、お父さん似のイザベラフォーンという色。
右の子はやや濃いめ、この子はフォーンという色の子になります。

f:id:hanabusa_do:20170808143941j:plain
そして4月12日の写真、そうなんです、キンカの成長はとっても早いの。
生後20日程度でこんなに成長してしまいます。
でもまだ上手く飛べないし、さし餌だって必要です。そしてこのくらいの時期は手の平に全員乗っけてもどこへも行かないほど忠実です。

f:id:hanabusa_do:20170808144212j:plain
先ずは柔らかいところで放鳥の練習。

f:id:hanabusa_do:20170808144638j:plain
だってまだまだ子供達は、こんなにふかふかのマットの上で生活しているのだから、少しづつ色々な「大丈夫」を教えてあげるのが良いんです。
指をさし餌の棒に見立ててお歌の練習をしたり。

f:id:hanabusa_do:20170808144953j:plain
ティッシュで怖がる子に育たないように、ティッシュで包んで頭をカキカキしてやったり。
(写真がよくないけどご満悦の顔ですよ…(汗))
成長は早いけどこうやってひとつひとつ小さいうちに知ってもらうんです。

f:id:hanabusa_do:20170808145320j:plain
そうするとヒナ達は、畚からも自分の力で飛び出せるようになって、安全な場所や自分たちのお気に入りの場所に飛んで行けるようになります。

f:id:hanabusa_do:20170808145651j:plain
水浴びだってできるよ!
手前の左にいる子はクリーム文鳥の若鳥、この子が水浴びするのを真似してペー達も水浴びを覚えました。

f:id:hanabusa_do:20170808145800j:plain
水浴びをした後、抱っこしてやるとまだまだ充分ヒナのあどけなさが残っています。
そして少しづつクチバシはキンカ特有のオレンジ色に変わりはじめる頃、まだまださし餌を欲しがるけど、もうそろそろカゴ暮らしを始めようか?

そしてだいたいクチバシがオレンジ色になってきた頃に、男の子はお歌の練習を始めます。
ちなみにまだ頰は染まっていないけど、手前の3羽が男の子、写真の後ろにいる白キンカさんだけが女の子でした。

f:id:hanabusa_do:20170808150121j:plain
先ほどのクリーム先輩(止まり木左の子)、この子はとても気立てが良くて他のどの鳥といてもその場を和ませてくれていたのです。
キンカチョウには実は難癖があって、大勢一緒のカゴに入れておくと仲違いをする子もいるのです、親鳥のたまき♀がパートナーの背中の羽をむしってしまう様に、ある程度成長をすると遊びのつもりなのかな?結構痛々しくなるまで羽をむしられる子が出てきます…。
決して全てのキンカが必ずそうする訳ではありませんけど、十姉妹と違ってキンカチョウという鳥は攻撃性0ではないのです。特にキンカ女子は怒ると怖いのです…。
そういう事もあってクリーム先輩に加勢してもらって、しばらく一緒に生活をしていました。
そうすると不思議なことに誰も喧嘩したりしないの…。

f:id:hanabusa_do:20170808150414j:plain

クリーム先輩の兄弟(左)は今や立派なクリーム文鳥へと換羽を遂げて「める(芽留♀)」という名前をもらい、今もはなぶさ堂に暮らしています。
クリーム先輩(右)は淡い色のクリームパイド、その気立ての良さもあって、鳥作家さんのお友達のおうちにお迎えされて行きました。
先輩がお迎えされると同時にペー達の中で唯一女の子だった白キンカさんも、キンカ大好き作家さんのお家へお迎えされて行きました。

f:id:hanabusa_do:20170808152248j:plain
そんなこんなしているうちに同時進行…(汗)。
先のペー達のさし餌が未だ終わっていないところに、えっ!また次なるペー達!
そうなんです、てん♂と たまき♀の間のふた腹目の子供達なのです。
写真は5月5日、一ヶ月半程度で2回目の子供達が孵りました、それも5羽中4羽がイザベラフォーン。

f:id:hanabusa_do:20170808154025j:plain
イザベラフォーンの羽色はとても綺麗です、都内のショップなどでもなかなか見かけないので、人気も高いのでしょう。

f:id:hanabusa_do:20170808154234j:plain
と言う訳で、あっという間に3羽のお迎えが決まって、残った二人も日に日に成長、なんと2羽とも女の子が残りました。

f:id:hanabusa_do:20170808154620j:plain
そして同じ頃にお世話していた、今季最後であろう文鳥のヒナまたしてもクリーム文鳥、そうクリーム先輩2号なの。
文鳥の雛のシーズンは9月〜4月頃までなのだけど、この子は一羽だけ孵った5月産まれの子、とっても優しい子です。

f:id:hanabusa_do:20170808155026j:plain
そして、先輩2号はやっぱり誰とでも仲良しで、念願のイザベラ女子は「盛ってるんじゃないか?」と思うくらいにおめめパッチりの超美人!フォーン女子も負けず劣らず可愛いのです。

そして、またまた同時進行で、前回の記事で紹介した十姉妹の「むらさき♀」と「きなり♂」の子も一羽だけ孵りましたよ。

f:id:hanabusa_do:20170808172210j:plain
母のシルバーよりももっと濃いめの男の子。

f:id:hanabusa_do:20170808172134j:plain
十姉妹には信頼が置けるので、たまにこうして親鳥に任せたり。
どんな色に成長するかなぁと思って居たけど、

f:id:hanabusa_do:20170808172606j:plain
現在は見違えるほど立派なチョコレート十姉妹(ヨーロッパ十姉妹)に成長して居ます。



さて、もうこのくらいかな?とお思いでしょうみなさん。

f:id:hanabusa_do:20170808161832j:plain
7月1日産まれ、3羽の赤ちゃんペーが孵りました。
然し乍ら、はなぶさ堂はこの時お引っ越しを控えていて、訳あって今まで鳥達のお世話をしていたマンションと、母が暮らしていた実家を一度にまとめて引っ越さなくてはならくなったのです…。
引っ越し予定は7月11日丁度巣上げのタイミング、あんまりドタバタしていたので今回ばかりは親鳥に任せようと思って、てん♂と たまき♀に子育てを委ねたのです。

f:id:hanabusa_do:20170808162406j:plain
順調に成長しているペー達、引っ越し先へは12日の夜に到着。
この時点で目は開き、フォーン1羽、イザベラフォーン1羽、白キンカ1羽であることがわかりました。
毎朝の餌やりは当然するけど、親鳥任せにして毎日元のお家を片付けに家を留守にしていました。
そして、ある朝3羽いたはずのヒナが2羽になっていたのです…。
それも真っ白い羽がそこいら中に散らかっていたのです…。

でも、カゴの中には居ない…。

慌ててあたりを探しました、雛の身体はとてもとても小さくてカゴの柵と柵の隙間から外に出ることができたのです。
室内の出来事なので、落ち着いてカゴの周りを探しました、そしてそこには血だらけのヒナがうずくまっていました…。
すぐさま手の平にすくい上げてやると、息はある。
でもこの状態、救えるのか…。
引っ越しのドタバタで何がどのダンボールに入っているのかさっぱり解らず、小麦粉等止血に使えるものが見つからない…。
どうしよう、どうしよう、手の中では小さな命が心臓の鼓動で訴えかけてきます。
でも冷静に、血で染まった白い羽を水が傷口に染みない様に丁寧に洗って傷口を確認しました。
背中と左の主翼のほとんど羽がむしりとられていて、肩と背中が擦り傷の様に赤く晴れていました。
恐らく、未だ何にもわからないヒナの事、巣立ってみたは良いけど、カゴの隙間に挟まってしまって、羽が抜け血が出るまで暴れたのでしょう…。

f:id:hanabusa_do:20170808164745j:plain
ふと思い出したのは実家から持ってきた救急箱、幼い頃からあったのだけど年季が入っていい感じになって居たので捨てずに持ってきたのです。
そして、中を確かめて何か止血に使えるものを探しました、見つけた薬は「ホルムス」という薬、うちの母はこれを私が子供の頃から「赤ちゃんのおへそのくすり」と呼んで居ました。
パッケージには「外傷散布剤」と書いてあります。確かに子供の頃に黄色の粉薬で転んだひざ小僧の傷を治療してもらった事を思い出して、思い切って雛の患部に振り掛けて止血を試みました。

血はすぐに止まりました、鳴き声もひとつ「ペー」とあげて、当然さし餌も必要だったので、畚で寝かせてなんとかこの時は一命を取り止めました。
畚の蓋を開ける度に気が気じゃなかったけど、口を開けないのでさし餌は殆ど食べられず、朝晩2回シリンジによるほんの少しの強制給餌で、あとは自分の力で乗り切れるかどうかというところでした。

f:id:hanabusa_do:20170808165734j:plain
大丈夫!元気だもん!
本日8月8日に撮影、背中の羽はイマイチだけどね、少しずつ生え揃ってきてます。
この子もおめめの大きな可愛い子、まだ隔離しては居るものの他のペー達と元気に呼び鳴きをしあって居ます。
ちなみに兄弟達は今回の事情から、同じ事が起こるといけないので、事故の起きた当日に信頼の置ける鳥屋さんに引き取ってもらいました。

でもね、この子にはまだこんなに兄弟が居るの!。

f:id:hanabusa_do:20170808171312j:plain
写真左「シド君♂」背中もすっかり綺麗になって若い男子チームのリーダーやってます。
写真奥のブラックチークは新入りさん。
そして手前の3羽が、てん♂と たまき♂の最初の子「はなぶさ堂」に残った男の子達。
名前はまだありませんけど、頬もしっかりオレンジに染まってもう立派な大人です。

f:id:hanabusa_do:20170808171720j:plain
そして、この子達はふた腹目の子達、二人とも女の子。
イザベラ女子とフォーン女子、起こると怖いんですよ〜(笑)。
ちなみに下の写真は「なつめ♀」と新人のペンギンキンカさんなのだけど、上の二人にやられました…。

f:id:hanabusa_do:20170808173904j:plain

背中やさぐれてます…。

はい、ここまでが「ペー達のおはなし」。
長くなりましたけど、この数ヶ月でペー達には色々なことを教えてもらいました。
キンカチョウ、怪我の多い小鳥ですけど、もっと触れ合える子達に育てていきたいですね。

 



さて、次回のおはなしは。

f:id:hanabusa_do:20170808182215j:plain
10年間鳥達と一緒に暮らしたマンションの一室、とてもとても愛着のあるお部屋だったのだけど、東京都から一路「小江戸川越」にお引っ越しをしました。
鳥達もみんな連れて少しずつですが未だ片付けに追われております。
川越では新規一転「第一種動物取扱業者」として鳥達の飼育、繁殖はもちろん、販売や預かり業務も行って行ける様になりましたので、次回は夢に一歩近づいた「はなぶさ堂のお引っ越しのおはなし」を綴らせていただきます。
今までの鳥達に加え、新しい仲間達も紹介します、お楽しみに!




にほんブログ村 鳥ブログへ

www.instagram.com



十姉妹 / きなりとむらさきのおはなし

十姉妹にも色々あって、頭が真っ黒な子や、嘴まで斑らな色の子など、十姉妹の場合繁殖が容易なせいか、色の混ざり合った子達もたくさんいます。
そして中には文鳥の様なシルバー色の子やクリーム色の子もいます、と言っても十姉妹の場合はお腹や頭や頬などの色の境目がはっきりしている訳ではないのですが…。

そもそも十姉妹は、色の個性よりも「梵天」とか「大納言」とかの名前がついた「芸物」と呼ばれる羽の逆巻いた個体の方が人気で、古くから品評されて来た様です、だけど、色の個性を楽しむのもまたこの子達の魅力かと私は思っているのです。

f:id:hanabusa_do:20170428111831j:plain
この子達は昨年の秋からお世話をはじめました。
左の子はヨーロッパ十姉妹、ヨーロッパ十姉妹というとチョコレート色の子を想像される方も多いと思いますけど、この子は少しあか抜けたシルバーヨーロッパ。
右の子は所謂日本の十姉妹ですが白色が多めで茶色の個体に比べてとても明るいクリーム色をしています。

f:id:hanabusa_do:20170428113445j:plain
2羽とも荒鳥なので慣れてはいませんけど、たまにこうして放鳥してやると、やっぱり端っこの方に飛んで行ってはブランケットに隠れたり…。

f:id:hanabusa_do:20170428114030j:plain
カゴとカゴの隙間に隠れつつ、大丈夫を探してるのかな?
キョロキョロ部屋の中を物色したりして、自由に飛び回るというよりかは一箇所に留まることが多い二人なの。

f:id:hanabusa_do:20170428114315j:plain
こういう子達は放っておくことでだんだんと部屋に慣れてくるので、彼らに任せておくのが一番。
だんだんと、行って良い所と行かない方が良い所を自分たちで見極めるんですよ。

f:id:hanabusa_do:20170428114843j:plain
どうやら布ものが気に入った様子のクリームさん。
この子の名前は「きなり(生成♂)」と言います、こう見えて男の子です。
十姉妹もクリーム色をしているとなんだかとっても優しい子に見えます、「きなり(生成♂)」がどれくらいクリーム色をしているかというと…。

f:id:hanabusa_do:20170428115416j:plain
明るめの茶系統の子「きなこ(黄粉♀)」と「ちょびちん(猪備珍♀)」ですが、文鳥に置き換えるとシナモンくらいなの色合いかなぁ?十姉妹には焦げ茶色の子もいるくらいですらね。「きなり(生成♂)」に比べるとやっぱり茶色がはっきりしています。

f:id:hanabusa_do:20170428115811j:plain
そして、こちらはクリーム文鳥の「みもり(未森♀)」と一緒に映った「きなり(生成♂)」。
写真の具合がイマイチですけど、クリーム色の色合いはほとんど変わらず、嘴が赤くない分、十姉妹のあどけない印象が伝わって来ます。

f:id:hanabusa_do:20170428120142j:plain
さて、シルバーの子も部屋に慣れて来たところで自己紹介。
この子の名前は「むらさき(紫♀)」といいます。こう見えて女の子です。

f:id:hanabusa_do:20170428120537j:plain
はなぶさ堂と十姉妹との関係は、以前から自分でも不思議に思っているのですが、荒鳥を連れて来ても何故か必ず手に乗ってくれるんです…。
「きなり(生成♂)」も「むらさき(紫♀)」も別々のお店で荒鳥になっていた子達なのですが、こうして大人しく指に捉まります。
十姉妹と私は何かしらの波長が合うのでしょうかねぇ…?。
何か前世からの切っても切れない縁を感じます…汗。

f:id:hanabusa_do:20170428121649j:plain
そんな「きなり(生成♂)」と「むらさき(紫♀)」ですが、実は寒い時期からペアになっていて、産卵と抱卵を繰り返しているんです。
つぼ巣の中には何だか怪しい卵、「怪しい」というのはちょっと色が濁っている風に見えるから。
実はこれがもう2回目の抱卵の時の卵で、1回目は無精卵で孵らなかったのです…。

f:id:hanabusa_do:20170428121911j:plain
この卵もしばらく抱いていたのだけど、取り出して検卵をする事にしました。
そこへ突然、文鳥の「たもり(田森♀)」が十姉妹の卵に興味津々!。
「ちょっとちょっと検卵するまで突かないでね〜汗」っと飼い主…。

f:id:hanabusa_do:20170428122338j:plain
はなぶさ堂なりの検卵方法。
やっている方も多いと思いますが、スマートフォンにライト機能があるととっても便利なのです。
私はiPhoneですがライトをつけた状態でその上に卵を置くだけで中身が綺麗に透けて見えます。

f:id:hanabusa_do:20170428122829j:plain
角度を変えるとほらこの通り、この状態で卵の中に赤い血管が通っていれば有精卵ですが、生まれたての卵の場合には血管は見え難いのでご注意。
写真の卵はやっぱり無精卵でした…。
はなぶさ堂の場合は、あんまり親鳥を刺激したくないので、あんまり真面目に卵を抱いてないと思った時や、親鳥が卵から気をそらしているタイミングで見てやるようにしています。

ちなみに「キンカチョウのスマホケース」は、はなぶさ堂のwebストア「-cotorikatta-」で購入できます!キンカチョウほか、文鳥・ヒメウズラ・十姉妹も4色ライナップしております。
おっとと、宣伝を失礼しました…汗。

f:id:hanabusa_do:20170428123720j:plain
さてさて、お話を元に戻して…。
鳥類の女の子はある程度の年齢に達したら卵を産んでしまうので、写真の卵は全て無精卵ですが、春になると毎年こうして卵を取り上げる機会が増えます。
左から、十姉妹の卵、キンカチョウの卵、文鳥の卵、薄雪鳩の卵、ヒメウズラの卵です。
この時のキンカチョウの卵は少し細長かったのですが、十姉妹の卵と形や色は殆ど変わりません。
やっぱり体の大きさによって卵の大きさも様々ですが、ヒメウズラだけは卵から孵ったらすぐに自分でご飯を食べるので卵も大きめです。
きっと卵の中にいる時からご飯を食べる練習をしてるんでしょうね。

f:id:hanabusa_do:20170428141756j:plain
少し話が逸れましたけど、やっぱり「むらさき(紫♀)」さんも卵をたくさん産んでしまうので、カルシウムの摂取には気を使っています。
ボレー粉は何気に食べ過ぎると太る様な気がしているのですが、うちではみんなしっかりとボレー粉を食べてくれます。
おかげで爪が伸びるのも早いのですが…。

f:id:hanabusa_do:20170428142114j:plain
あらあら「きなり(生成♂)」と来たら男の子なのに手の平でゴロンと甘えちゃって…。
しかも、嘴にお弁当付いてました…(笑)。

f:id:hanabusa_do:20170428142250j:plain
そんな二人は今日も仲良く暮らしています。
最近はカゴの外の事も覚えて来ましたけど、自分たちのお部屋が一番落ち着くという「きなり(生成♂)」と「むらさき(紫♀)」のお話でした。

f:id:hanabusa_do:20170428142544j:plain
そして、二人は今日も子作りに勤しんでおりましたとさ。


つづく…。

 

 

さて次回のお話は、

f:id:hanabusa_do:20170428142720j:plain
ばぶ〜。キンカチョウの赤ちゃんのおはなしです。
instgramやtwitterでご存知の方もいるかと思いますが、この子達もう一人餌できるくらいまで成長してるんですよ。
次回はキンカチョウの雛の成長記録を綴ろうかと思います。

不定期更新ですが是非また覗きに来てくださいね、次回もお楽しみに。

 

にほんブログ村 鳥ブログ 十姉妹へ
にほんブログ村



十姉妹ランキング

 

www.instagram.com



竹かごのおはなし

f:id:hanabusa_do:20170320113313j:plain
私はできる限りプラスチック製品を部屋に持ち込まないようにしています。
とっても便利な樹脂製品、当然生活の至る所に使われているし、車やPC、携帯端末は然り、洋服やカバンにだって装飾されている時代だから「許せない」とか「絶対ダメ」という風には思わないのだけど、ゴミになっても捨てにくいし、使い込んでもただ傷ついて汚れていく一方な気がして、道具としては正直あんまり好きではないのです。
そんな「はなぶさ堂」が飼い主なものだから、うちでは鳥たちもみんな竹かごで暮らしています。
そして、今日はそんな竹かごのおはなしを綴ろうかと思います。

f:id:hanabusa_do:20170320114513j:plain
竹かごはそもそも、鳥獣保護法が今ほど厳しくなかった時代に、野鳥飼育をされていた方々が主に使用していたので、最近では種類も量もだいぶ減ってきています。
伝統工芸品の要素もありますから、カゴを齧ってしまうインコ類には適していませんし、餌が飛び散りやすいなど、使いにくい部分も多々あります。
古い鳥屋さんに足を運ぶと、フィンチや輸入野鳥の類に竹かごを使っているところも未だありますが、みなさん口を揃えて「野鳥がダメになってから、竹かごは売れなくなった」と仰います。
竹かごはアジアのいろんな国にその国独特の形があって、日本では主に写真の様な縦長のカゴが主流です。
そして、サイズにも昔ながらの決まりがあって、「尺貫法」?と言うのか知ら?
尺(145×295×190mm)/尺1寸(175×345×236mm)/尺2寸(195×375×255mm)〜の様にカゴのサイズが決まっています。
ちなみに上の写真の4つは左から7寸(120×215×272mm)/尺/尺1/尺2、尺より小さいものは尺が外れて○寸と数えます。

f:id:hanabusa_do:20170320120717j:plain
例えば、文鳥をつがいで飼うなら最低でも尺2は欲しいところです。
はなぶさ堂の文鳥はみんな尺2カゴで生活をしています。
ちょっと狭いんじゃない?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
意外に奥行きもあって、のびのびと子育てをしてくれます。

f:id:hanabusa_do:20170320121129j:plain
十姉妹やキンカチョウなら尺1でも充分広々します。
みんな天然素材の温もりに抱かれて住み心地は良さそうに見えます…。

f:id:hanabusa_do:20170320121849j:plain
薄雪鳩には尺4寸(250×430×310mm)の大き目のカゴを使っています。
薄雪鳩の体長は文鳥と然程変わりませんが、文鳥に比べて主翼や尾羽が長いので、竹かごでも広めのものが適します、皿巣で生活をするので高さもそれなりに必要です。

f:id:hanabusa_do:20170320122428j:plain
さてさて、みなさんによく聞かれるのが「竹かごはメンテナンスが大変そう」という事、これだけカゴがあると休日には掃除に半日は費やすのですが、メンテナンス自体はステンレス製のカゴとそれほど変わりません。

f:id:hanabusa_do:20170320122641j:plain
うちでは汚れた底板やカゴをがっつり水洗いしますけど、水に濡れると木が引き締まって、コマが刺さらなくなったりもします。でも、そこは素材との付き合い、しっかり天日に干してよく乾かす事で元の通りに戻ります。
たまに、粗悪な作りのカゴもあります、そう言うカゴは水洗いすると板が弧を描く程にひん曲がったりしますので、底板のしっかりしたものあるいは漆塗りのものがとても使いやすいです。

ちなみに、
竹には椿油を塗ってやるのが良いのですが、うちではそこまでの事はしません。ただ塗ってやった方が道具も長持ちしますし良い味が出ますけど、うちにあるのはそこまで高級なカゴではないので、鳥たちに汚してもらって、しっかり洗ってやって、使った分の風合いが年々増してくるのがとても嬉しいです。

f:id:hanabusa_do:20170320132318j:plain
そして、何より良いところは壊れたら修理すれば良いところ。
実は「はなぶさ堂」の竹かごの殆どは、中古だったり貰ったものだったり…。
上の糞切り網は壊れたカゴを貰った時の物ですが、飼育用に売っている竹かごは大抵3mm程度の竹ひごで組まれている事が多いです。
なので、壊れても竹ひごさえ手に入れば修理が効くのです。
名人カゴなんかは結構細いひごを使って、中の鳥が鑑賞し易い様になっているものもありますが、飼育を考えるならば太めの方が安全です。

f:id:hanabusa_do:20170320132806j:plain
折れた部分はペンチ等で引っ張れば抜けるので、そこに新しいひごを差し替えてやるのです。

f:id:hanabusa_do:20170320132954j:plain
ほんの少しだけ長さが余る様に調節した新しい竹ひごを、しならせて差し替えてやります。

f:id:hanabusa_do:20170320133131j:plain
ほらこの通り、真ん中の5本だけ新品になりました。
他の部分も同様、ひごは糊付けされている場合もありますが、大抵組んであるだけのものが多いです。
そんな所に先人の技術の高さを垣間見ますが、逆に粗悪なものは鳥が乗っただけでもひごが外れてしまう様なものもありますのでネット販売にはご注意。
だけど、こうして人が手を掛けて鳥たちの住まいを修繕してやれる事で、古い時代の職人とどこか意思の疎通ができる様な気持ちになります。

さてさて、おじさんの日曜大工のお話はこれくらいにして、竹かごのあれこれを紹介させてくださいね。

f:id:hanabusa_do:20170320134220j:plain
こちらは「ます箱」ヒナの育成に昔ながら使われてきたものですが、正直「ふご」の方が使い易いので、最近ではめっきり見かけなくなりました…。

f:id:hanabusa_do:20170320134436j:plain
実際にヒナを入れてみたのだけど、ちょっと狭かったかな…。
生まれたてのヒナにはちょっと寒そうなので、あったかい時期向きかもしれませんね?今は、具合の悪いヒナが出た場合の隔離カゴとして使っています。

f:id:hanabusa_do:20170320134645j:plain
そしてこちらは、古い鳥屋さんから譲り受けた「背負いカゴ」。
名前から解る通り、この中に鳥を入れて何段かに重ねて、風呂敷で包んで背中に背負うのです。
車が無かった時代から引き継ぐ人間のアイデア、想像しただけで憧れてしまう鳥の行商人の姿を思うと、これを眺めながら一杯やりたいぐらいです…。

f:id:hanabusa_do:20170320135154j:plain
中は2連になっていて、間仕切りもひごを抜く事で外す事ができる仕組み。
ああ、古い道具の実用性も兼ね備えたディテールの美しさ…、高さが無いのはきっと鳥が移動の際に暴れない為でしょうね。
天井が低いのでヒメウズラをこれで飼育していました。

f:id:hanabusa_do:20170320135427j:plain
そしてこちらは「コンテストケージ」と呼ばれる小さなカゴ。
前と後ろの両方が開く仕組みで、カナリヤを品評会に出す人なんかが使うカゴなので、今でも普通に手に入ります。

f:id:hanabusa_do:20170320135702j:plain
ただ、これは底板が外れないので飼育向きではないのです。
実際ヒメウズラの「うい(憂♂)」が今これに住んでますけど、散らかされた後はカゴを逆さまにして中身のお掃除です…。

f:id:hanabusa_do:20170320135920j:plain
それから面白いのはこちら「落としカゴ」。
今はこんなもの売っても買う人いないのですが、野鳥を捕まえるためのカゴです。
上が開く様になっていて、止まり木につっかえ棒ができる仕組み。

f:id:hanabusa_do:20170320140057j:plain
しかも、止まり木は回転式なので、中に餌を入れておびき寄せた鳥が、止まり木に止まると止まり木が回転してつっかえ棒が落ちて蓋が閉まる仕組み。
なんとも安直なアイデアに笑ってしまうけど、ここまで完成している仕組みに感無量でございます。

f:id:hanabusa_do:20170320144806j:plain
そして最後に紹介したいのは、天井に網が張ってある「ヒバリカゴ」。
左は天井が低めの「寝かせカゴ」マス部分に高さがあって、そこに砂を敷いてヒバリを寝かせる仕組みなのだそうです。

f:id:hanabusa_do:20170320145032j:plain
これの面白いところは、カゴの後ろに小さな顔出し窓があって、そこに猪口をかける様に作られています。
鳥はそこから顔を出してお食事をするのです。
これはヒメウズラに最適とうちではとても重宝しております。
鶉籠(ウズラカゴ)というものもあるらしいのだけど、それはそもそも鳴き声が良いとされていた、ウズラの為の専用カゴだと聞きます、未だ出会えていなくて残念です…。

この他にも、先人たちが作り出した日本古来の竹カゴはたくさんたくさんあります。
ヤマガラ専用に作られたカゴもあれば、水浴びをさせる専用のカゴもあったりと、どれをとっても江戸時代からの職人や鳥屋の技がそのまま残っている様で、それぞれのカゴの背景にある能書きがことごとく楽しく、道具と向き合う時間もまた鳥たちの短い一生を有意義にさせてくれるものだと感じるこの頃であります。


f:id:hanabusa_do:20170320145443j:plain
竹で出来た鳥たちの小さなお家、
それは人と鳥とが一緒に作りあげてきた安心できるお家。


つづく

 

 

 

さて次回は、

f:id:hanabusa_do:20170320153046j:plain
十姉妹にも文鳥と同じく、シルバーやクリームの子が居て、
久しぶりに十姉妹の事が書きたいかもしれません…。



+++++++++++++++++++++++++++++++

■■■はなぶさ堂からのお知らせ■■■

instagramで募集を募って、みんなのお家の鳥さんたちがLINEスタンプになりました。
はなぶさ堂がイラストを描いて、セリフはみんなで考えた「みんなのとりさんvar01」LINEストアにて発売中です!

f:id:hanabusa_do:20170320154146j:plain




にほんブログ村 鳥ブログへ

www.instagram.com



ウスユキバトのおはなし

もしも、一羽の鳥と一緒に生活するなら、「私は“薄雪鳩”と暮らしたい」そんな言葉を何人かの人に伝えた覚えがあります。

薄雪鳩には表現力の柔らかさがあって、いつも穏やかにして鳴き声もまた控えめ、主張の穏やかさにこそ“自分がそうありたい”と言う魅力を感じてしまうからです。
ハト故に、決して吼える事はしない、そんなお淑やかな性格が、少々齢を重ねたやもめ暮らしには丁度似合うのです。

f:id:hanabusa_do:20170225112016j:plain

そんな「薄雪鳩」のい良いころは他にもたくさんあって、床暮らしのヒメウズラ達とも同じように地面を歩き回ったり、窓際の陽当たりに辿り着けば、ヒメウズラたちと一緒に日向ぼっこをしたり、部屋中を飛び回る文鳥や十姉妹たちとも一緒に羽根を羽ばたかせては、高いところに居てものんびりと過ごせる、オールマイティーで居られる臨機応変さを尊敬しちゃうのだけど…。

でも、そんな「おすみさん(墨♀)」は、カゴの中ではずっと独りぼっちだったの…。

鳥たちの交友関係と人の其れが然程食い違わないとも思いますけど、「他人に合わせられる事ほど、自分を孤独にさせる」そういう理解に行き届かない人間はたくさん居ます。「おすみさん(墨♀)」の孤独も多種多様ではなくて、本当の理解者を求める様に私は感じました…。

それからずっと「おすみさん(墨♀)」には常にパートナーをお迎えしたいと考えて居ましたけど、昨年の暮れにその夢は叶いました!。

f:id:hanabusa_do:20170225112606j:plain
オスの薄雪鳩を「おすみさん(墨♀)」のお婿さんにお迎え出来たのです。
名前は「はまじ(浜路♂)」なんだか男らしく逞しい体付きです。

 

f:id:hanabusa_do:20170225113156j:plain
薄雪鳩の雄雌の見分けは、雄の方がアイリング(目の周り)が太い。
メスは頭が少し小さく首が細長い等の点がポイントなのですが、私のまわりでは誰もが何故か口を揃えて『メスは鳴かない』と言います。
しかし、「おすみさん(墨♀)」は以前から「ぽーぽー」と囁くように鳴いていたので、雄雌の判断が付かずに居ました…。
そして、薄雪鳩はメスだけだと卵を産まないとも聞きますから、尚の事性別が分からなくて…………(汗)。

f:id:hanabusa_do:20170225114116j:plain
だけど、飼い主のそんな焦りも裏腹に、2人はある時から巣作りをはじめました。
皿巣に巣草を運ぶ「おすみさん(墨♀)」と「はまじ(浜路♂)」、この頃から、今までは1時間に一回程度しか鳴かなかった「おすみさん(墨♀)」が、朝からよく鳴くようになりました。
もちろん「はまじ(浜路♂)」も「ぽーぽーぽー」と淑やかな声で鳴いてくれます。

f:id:hanabusa_do:20170225114545j:plain
日にちが経つに連れて、どんどん仲良しになる2人。
時には「おすみさん(墨♀)」が「はまじ(浜路♂)」の背中に乗っかって遊んだりしていて、飼い主も笑顔を溢さずにはいられなくなります。

f:id:hanabusa_do:20170225114752j:plain
二人並んでもっふりと日向ぼっこをするのも、穏やかな性格の薄雪鳩の日常。
ちなみに、この子達も竹カゴで生活をしていますが、竹カゴとしては比較的大きめな尺4寸(長編が43cm程度)のカゴで暮らしています。
身体はヒメウズラと同じ手の平に収まるサイズ感ですけど、この子達はとっても羽が長いので、シンプルな空間作りは欠かせません。

f:id:hanabusa_do:20170225115742j:plain
そんなこんなで、2人が仲良くなってから1ヵ月程度、「おすみさん(墨♀)」は卵を産みました。
(飼い主:「おすみさん(墨♀)」がメスで良かったと旨を撫で下ろす瞬間でした…。)

しかし卵は隠すいっぽうで、全くと言っていいほど見せてくれませんでした…。
その素振りは、始めての抱卵に二人とも慌てているようにも見えました。

f:id:hanabusa_do:20170225120147j:plain
「おすみさん(墨♀)」と「はまじ(浜路♂)」が抱卵を交代する時に、何とか2つの卵の存在を確認したのですが、一つは翌日に割れて巣の下に落ちていました…。

因みに、「鳩」は薄雪鳩に限らず二個づつ卵を抱きます。
この時のお腹の下には卵は一つしかなかったのだけど、それでも頑張って抱卵する「はまじ(浜路♂)」。

f:id:hanabusa_do:20170225120610j:plain
尾羽をツンと立てて、変なポーズのまま抱っこしているところも、なんだか抱卵下手な感じを印象付けます…(汗)。

f:id:hanabusa_do:20170225120754j:plain
夜にそーっと覗いてみても、2人は寄り添って卵を抱き続けていました。

f:id:hanabusa_do:20170225120933j:plain
でもね…、お腹の下の卵にはヒビが入っていて、血管も見えず、15日程度経っても兆しが見られなかったので、これ以上抱かせても二人を疲れさせるだけと判断して、卵は取り除く事にしました…。

 

それからもう一つ、薄雪鳩の魅力は「羽」の綺麗さ。

f:id:hanabusa_do:20170225222647j:plain

薄雪と言うだけあって、背中の粉雪模様もとっても綺麗なのですが、抜け落ちた羽の個性と地味な色使いには、ついつい拾い集めたくなります。

f:id:hanabusa_do:20170225223131j:plain

長い尾羽や一部だけ濃く色付いた風切羽、実は薄雪鳩にも色のバリエーションがあって、ノーマルの固体はもっと背中が茶色っぽいのです。
この子達はシルバーと呼ばれる部類に入ると思いますけど、シナモン風な色合いの赤毛の固体も存在するようです。

そして、何よりも面白いのは、雄が発情すると孔雀のように尾羽を広げて求愛行動をすると言うところです。

f:id:hanabusa_do:20170225121240j:plain
薄雪鳩の雄は求愛の為に、尾羽を開くと同時に「ぽー」と鳴いて、それを何度も何度も繰り返すのです。
「ぽー」の鳴き声は固体によって様々ですが、みんな自分の魅力をアピールしようと、独自にオス鳴きを持っているようです、みんな低めの声色ですが「ぽーー」とか「ぽう~」とか「ぽっぽぽるぽー」とか、他の鳥の囀りと同じでメロディーには様々あるようです。

そして尾羽を広げる様は、まるで木蓮のクリーム色の花びらが上向きに咲いている様な綺麗さで、それに強かで柔らかな鳴き声が伴なって、人間の飼い主ですらその行動には魅了されます。

f:id:hanabusa_do:20170225122851j:plain
それから数日が経って、「はまじ(浜路♂)」求愛が伝わった頃には、また新しい命の準備がはじまりました。
熱烈な求愛を経て、2度目の抱卵。
今回は2羽とも落ち着き払って、卵を見せてくれるゆとりもあります。

f:id:hanabusa_do:20170225123118j:plain
仲良く夫婦で暖めているお腹の下には、ほら、しっかりと2つの卵がきらきら輝いていました。

f:id:hanabusa_do:20170225123239j:plain
そんな「おすみさん(墨♀)」と「はまじ(浜路♂)」の抱卵は現在も進行中。
順調に行けば双子の赤ちゃんのように、きっとそっくりな赤ちゃんが産まれる事でしょう。
かわいい双子が生まれるといいね~。


つづく。


さて次回は、

f:id:hanabusa_do:20170225224355j:plain

ヒナ達の話も諸々途絶えないのですが、鳥たちの話も交えて「竹カゴ」のおはなしを書いてみようかと思います。
そもそも、プラスチックが苦手な「はなぶさ堂」ですが、竹や木の温もりを道具として培ってきた先人達の技術を、紐解いて紡ぎ直して行ければ良いなぁと思っています…。

次回もお楽しみに。

 


にほんブログ村 鳥ブログへ

www.instagram.com



ヒナたちのおはなし 其の四 ‐シナモン文鳥とクリーム文鳥‐

如月、まだまだ寒い朝に布団が恋しい時期ですが、寒くても朝から鳥たちはよく囀ります。
ヒナ達に限っては意外とねぼすけで、畚の蓋を開けた瞬間から朝が始まり、おねだりも始まり…。

そして、寝起きの伸びをする訳では無いけど、ぷるぷるっとお尻を振るヒナたちの尾羽はちっちゃくてとてもとても可愛いです。

よーく観察してみると、みんな色によって個性があって、棒羽(つくつく)が伸びてきた頃からだんだん色の変化が解ります。

f:id:hanabusa_do:20170209182935j:plain

見るところは羽の生え際(根元)。
シルバー文鳥は羽やクチバシの色で直ぐに見分けられますけど、尾羽の根元もやはりグレー(シルバー)です。

根元から真っ白い子はパイド系統になる可能性もある子ですが、クリームにも真っ白いヒナは出るので、明るめの色に成長する子と言っておいた方が良いかもしれません…。

シナモン文鳥とクリーム文鳥のヒナは、身体全体の羽色が似て産まれる固体も多いので見分けにくいと言われる事もありますが、シナモン文鳥のヒナの尾の根元はグレー寄りの薄い茶色、クリーム文鳥の場合は明るくピンク掛かって居て、そんな所も見分け方の一つかと思います。

さてさて、今日はそんなシナモン文鳥とクリーム文鳥のおはなしです。

f:id:hanabusa_do:20161210073539j:plain
シナモン文鳥の「あめ(飴♂)」と「ラーラ♀」このペアは2羽とも手乗りで、「あめ(飴♂)」とはもう長い付き合いで既に4歳になります。
「ラーラ♀」とは昨年知り合って、引き取った時点では1歳、未だ若い女の子ですが、とっても良く慣れていて、「あめ(飴♂)」がヤキモチを焼くほどです…。

f:id:hanabusa_do:20161130193228j:plain
「ラーラ♀」には「あめ(飴♂)」のお嫁さんになって欲しかったので、カゴは別々だったものの隣同士に何ヶ月も生活させたり、夜は2人で放鳥させたりして、それでも「あめ(飴♂)」は、飼い主の手にばかり求愛するものだから、中々2人は仲良しにはなれませんでした…。

f:id:hanabusa_do:20161210073030j:plain
「あめ(飴♂)」にはたくさんの友達は居たものの、カゴの中では“やもめ暮らし”が長かったので、他の子が自分のカゴに入ってくる事をとても嫌がりました。

f:id:hanabusa_do:20161210073133j:plain
だけど、「ラーラ♀」は自信満々。いざ一緒に入れてみると何事も無かったかの様に振る舞いました、こういう時はやはり女性が強いものです…。

f:id:hanabusa_do:20161210073150j:plain
それでもやっぱり、「あめ(飴♂)」が「ラーラ♀」を突いてしまうので、一緒のお部屋は朝の短い時間だけ、飼い主も中に手を入れて「ケンカしちゃだめだよ」とクチバシを摘まんだり、飼い主の指の上で求愛ダンスしたがる「あめ(飴♂)」を「ラーラ♀」に見せたりして、二人と遊んでやっていました。

しかし「ラーラ♀」はこれまでツボ巣で眠る生活を知らなかったのです、一緒のカゴで生活が出来たとしても巣引きは出来ないかぁ…、と思っていたのですが。

f:id:hanabusa_do:20161210072908j:plain
「あめ(飴♂)」:こっちおいでよ!と言わんばかりに、最初は入ろうともしなかった「ラーラ♀」をついにツボ巣に呼び込んじゃいました…。

そして性格はいつに無く亭主関白な感じで、何だかギラギラしている「あめ(飴♂)」、あのビビリ症の「あめ(飴♂)」が…(汗)。

f:id:hanabusa_do:20161217075709j:plain
そうして何とか「ラーラ♀」も卵を産んでくれて…。

f:id:hanabusa_do:20170210143048j:plain
卵を抱くか、飼い主に抱かれるか、迷っていた「あめ(飴♂)」でしたけど、しっかり巣草や巣材を運んだりして、男らしい仕草も見せつつ、お嫁さんをもらう事に成功しました。

f:id:hanabusa_do:20170210143256j:plain
卵を抱く「ラーラ♀」最初の卵は全部で5つ産みました。
因みに中にある新聞の切れ端は「あめ(飴♂)」が運び込んだもの、2人とも子育て初挑戦なので、たまに新聞紙がツボ巣の蓋をしてしまったり、てんやわんやな抱卵になっていました…。

だけど、2人の思いも空しく、最初の卵は孵りませんでした…。
最初の卵の孵化を諦めかけた時「ラーラ♀」は次の卵を産み始めたのです。
慌ててツボ巣を取り上げて、先にあった卵を取り除きました。
すると2人とも何事も無かったかのように、抱卵を再開して、今もまだ大切に卵を温めています。

f:id:hanabusa_do:20161101075227j:plain
さてさて、こちらはクリーム文鳥の「ちゃちゃ(茶々♂)」と「いと(緒♀)」この子達はそもそも手乗りじゃないので、安心して子育てを任せられます。

f:id:hanabusa_do:20170210144435j:plain
最初の卵はなんと6個。
巣の中にも無駄なものは持ち込まずとってもきれいに卵をお世話していました。
文鳥にも性格が出ますね…。

f:id:hanabusa_do:20170211130403j:plain
そして、写真は卵から孵って3日程度。
6羽全員が孵った事を確認した筈だったのですが、1羽が見当たらず5羽に…。
小さな小さなヒナの身体ですから、親鳥ががんばってもがんばっても生後間もなくして落鳥してしまう子も居ます…。

次の写真にはあえて“ぼかし加工”を施しますが、私はこれも「いと(緒♀)」の愛情でしかないと感じたのでおはなしさせて下さいね。

f:id:hanabusa_do:20170211131021j:plain
「いと(緒♀)」のクチバシには、生後間もなくして落鳥した赤ちゃんが居ました…。
その身体は他の子たちの勢いに負けて、小さく小さく縮こまっていましたが、「いと(緒♀)」には、自分の子だという事がしっかり解っているみたいでした。
他の子達のごはんの時間以外は、丸一日、片時も離さずにこの子をクチバシに加えていました。
止まり木の上では、自分のお腹の下に入れて暖める仕草をしたり、「ちゃちゃ(茶々♂)」が心配そうに寄り添っても尚、「いと(緒♀)」はこの子を離しませんでした…。
私はこれを見てどうする事も出来ず、少し涙すら浮かべましたが、「いと(緒♀)」も翌日にはヒナの死を理解した様子だったので、これ以上「いと(緒♀)」が悲しい思いをしないように、小さな身体を引上げて土に埋めてやりました…。

f:id:hanabusa_do:20170211132557j:plain
そんな出来事があっても、他の子達の育児もしっかり全うする「いと(緒♀)」。
私はこの子に「緒:いとぐち(ものごとのはじまり)」という意味の名を与えて本当に良かったと感じました。

f:id:hanabusa_do:20170211132946j:plain
お父さんだって負けてませんよ!
「ちゃちゃ(茶々♂)」もしっかりイクメンぶりを発揮して、5羽のヒナ達は日に日に成長を遂げました。

f:id:hanabusa_do:20170211134047j:plain
目が開くか否かと言うところで育雛を交代、まだ少しクチバシが小さかったので、最初はフォーミュラ(ヒナ用の粉ミルクみたいなもの)から与えて、少しずつ粟玉に変更していきました。

f:id:hanabusa_do:20170211135239j:plain
大きな口をあける、小さな怪獣たち。

f:id:hanabusa_do:20170211134502j:plain
お腹いっぱいになれば眠るだけ…。
そうしてくれるだけでこちらは癒されます…。

f:id:hanabusa_do:20170211140037j:plain
頭の羽がやっと生え揃ってきた頃に、先ず2羽が一緒に新しいおうちに引き取られました。
その子達は「ピピ」と「モカ」という名前を貰って、兄弟一緒にすくすく育っています。そして、写真の3羽も別々にだけど、あたたかいおうちにお迎えされました。

名も無い雛たちと共有する時間を終えた所から、この子達は新しい名を貰うんだなぁ…。

お迎えされた先で、なんて名前を貰ったのか、どんな生活をしているのか、私にも解らない子達も居ますけど、それでも、私自身が「いとぐち(緒)」になれるだけで、なんだか暖かい気持になります。

f:id:hanabusa_do:20170211141701j:plain
そしてまた、新しい命は育まれ、この子達もまた何処かで新しい名前を貰うことでしょう…。


つづく



さて、次回のおはなしは…。

f:id:hanabusa_do:20170211150010j:plain
ウスユキバトの「おすみさん(墨♀)」ぽーぽーっと春のお知らせ。

2月も半ばに入ってまだまだ寒い日が続きますが、朝の陽の出の時間も少しづつ早まって居ます。
朝が早いと鳩時計達もその分早く鳴いてくれて、春も直ぐそこの様に感じるこの頃です。
次回もお楽しみにね。

 

★↓文鳥飼いさんたちの色んなブログが紹介されています!


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 文鳥 ブログランキングへ

 
★↓はなぶさ堂のinstagram。ほぼ毎日、鳥たちの写真をポストしています。

www.instagram.com

 

ヒナたちのおはなし 其の参 ‐アルビノ文鳥 と ホオグロ文鳥‐

f:id:hanabusa_do:20170125151535j:plain
早朝に陽がのぼると鳥たちが起きはじめ、鳥を寝かすために覆った布越しに毎朝の影絵が始まります。

11月のある朝の事、この布をもかいくぐってアルビノ文鳥の「ゆき(雪♂)」が何処からか飛び出して来たのです…。
私は未だ寝ぼけ眼でうとうとしていたのですが、寝ている頬の上に鳥が飛んでくるなんて事は、過去に一度ウスユキバトの「おすみさん♀」をカゴに戻し忘れた時くらいのものでした。

f:id:hanabusa_do:20170125153131j:plain
さて、カゴヌケ名人の「ゆき(雪♂)」早速とっ捕まってカゴに戻そうとしたのですが、何だか普段はそこに無い違和感を感じました。

f:id:hanabusa_do:20170125153310j:plain
そーっとツボ巣の中を覗き込むと、そこには卵から孵ったばかりの雛たちが居ました。
もしかして「ゆき(雪♂)」はこの事を伝える為に、竹カゴの入り口をクチバシで持ち上げ、覆ってある布をも掻い潜って、飼い主の元まで知らせに来てくれたのかと思ったら、とってもとっても嬉しくなりました。

f:id:hanabusa_do:20170125154152j:plain
最初に孵っていたのは3羽。
アルビノとホオグロの間の子ですが、まあおそらくは「さくら文鳥」が産まれるだろう、と踏んでいました。

f:id:hanabusa_do:20170125154823j:plain
そもそも、アルビノはシナモン系統、ホオグロはノーマルや桜文鳥の突然変異、シナモンとノーマル・桜を掛けると「原種の血が濃い方に寄る傾向がある」とか、「100%さくらだ」とか、色んな人から話を聞いていたものです。

しかしながら、今回産まれた子は…。
翌日にもう一羽が孵って、赤目が3羽、黒目が1羽のアルビノ寄りな結果でした。

f:id:hanabusa_do:20170125154656j:plain
日に日に成長する雛たち、羽も少し色づいてきて、見た目からはシナモン3羽、ノーマルor桜1羽のヒナの羽色になってきました。
アルビノお父さん「ゆき(雪♂)」ホオグロお母さん「トトさん(徒々♀)」は毎日毎日ヒナたちの為にご飯を運んで居ましたが、もともと手乗りの「ゆき(雪♂)」と来たら、ヒナたちのご飯欲しさに度々カゴを抜け出しては飼い主にご飯をねだる様になりました。

f:id:hanabusa_do:20170125155521j:plain
朝にはよそったばかりのみんなのご飯を狙って飛び出してきて、ちゃっかり自分も腹を満たしては、カゴの前に戻って入り口を開けろとせがみました…。
どうせなら、帰りも自分で入り口を開けて戻ってもらいたいものです…。

f:id:hanabusa_do:20170125155736j:plain
ある時は、みんなの為に再生していた豆苗畑までも荒らしてしまって現行犯逮捕!!。
「ゆきちゃんそれじゃ泥棒だよ…。」

f:id:hanabusa_do:20170125155937j:plain
そんなこんなで、「ゆき(雪♂)」も子育てには参加していたのですけど、ほぼほぼ「トトさん(徒々♀)」がメインの子育てが続き、「トトさん(徒々♀)」も少しやつれて来た様に感じたので、子供達を巣上げしてやりました。

f:id:hanabusa_do:20170125160237j:plain
この子達にはホオグロとアルビノの遺伝子が引き継がれている訳なのですが、どんな羽色に成長するのでしょう。

f:id:hanabusa_do:20170125160418j:plain
畚に入れてからは、毎度の事ながらあちらこちらに連れ歩いていたので、たくさんの人たちに会う機会がありました。
やっぱり皆さん、赤目の子達は「シナモンのヒナ」にしか見えないと口を揃えますけど、実は親鳥のアルビノ「ゆき(雪♂)」もヒナのころはこんな感じの羽の色をしていました。

そして、4羽のうち2羽は新しいおうちに引き取られ、黒目の子と最後に産まれた赤目1羽は「はなぶさ堂」に残る事になりました。

f:id:hanabusa_do:20170125160842j:plain
産まれた時から、1羽だけ黒目でサングラスをかけている様だったこの子は「たもり(田森)」と名づけました。

f:id:hanabusa_do:20170125161215j:plain
そして、赤目のこの子は「みもり(未森)」と名づけました。
「みもり」は最後に産まれたせいか少し貧弱な体つきをしていて、さし餌を与えると異状に右の“そのう”だけが膨らんでしまい、さし餌毎に“そのうマッサージ”をしながら与えました。

f:id:hanabusa_do:20170125161710j:plain
いつも一緒の「たもり」と「みもり」なのだけど、こんな感じで「みもり」はいつもお腹を地面に付けていました。
インコの場合だと胸の部分に“そのう”があるので、ご飯を食べた後は胸の辺りが膨らみますが、フィンチの場合は左右に二つある様に見えて袋は一つだと聞いた事があります。

そして、だいたいの子は、さし餌を与えると右側から“そのう”が膨らみますが、中には左が先に膨らむ子も居ます。
そして左右がバランス良く満たされるのですが、「みもり」の場合は右側にばかり溜まってしまって必要以上に膨らむ傾向にありました。

f:id:hanabusa_do:20161231073447j:plain
なので、お腹いっぱいになるとこんなに胸がこんもりして見えていました…。
私はこういったヒナを何羽か知っていたので、さし餌をしながら“そのう”をマッサージしてやる方法で「みもり」のお世話を続けました。
経験で書いていますので、獣医学とかの見解で正しい事かどうかは分かりませんけど、手に抱っこした状態でさし餌を与え、膨らんだ右の“そのう”を少し指で押さえてやりながら、左にも流れ込むように少しづつ少しづつ時間を掛けてさし餌をしてやりました。

f:id:hanabusa_do:20161231073503j:plain
ちなみに、「たもり」はこんな感じでお腹いっぱいでもスリムを保っていました。

f:id:hanabusa_do:20170125165123j:plain
私はこの胸のふくらみを、病気だとか悪い方向には考えませんでしたけど、さし餌の際にはとても気を使いました。
まだ、骨格も完成しきっていない時期ですから、さし餌の度にしっかり見てやって、上手に“そのう”を満たした時には褒めてやったりしていました。
逆に食が細い時には、粟玉をフォーミュラに替えて状態よく“そのう”が膨らむようにシリンジを使う等の工夫もしてみました…。

f:id:hanabusa_do:20170120202710j:plain
そして、現在の「みもり」はこの通り、未だヒナの羽ですけどとってもスマート。
自分でもご飯を食べられる程に成長しています。

f:id:hanabusa_do:20170125171535j:plain
「たもり」に関しては、クチバシも赤みを帯びてきて、
最近では、2羽とも他のちびたちの為にふやかした粟玉にまで首を突っ込む始末です…。
でも、たくさん食べて、たくさん遊んで「早く大人になりたい!」そう願って居る様な、近頃の二人です。

f:id:hanabusa_do:20170125172355j:plain
そうして「たもり」「みもり」のお世話をしている間にも、「トトさん(徒々♀)」と「ゆき(雪♂)」の間に二回目のヒナが孵りました。
なんと、酉年の元旦生まれ!「たもり」「みもり」の兄弟たちです。

f:id:hanabusa_do:20170125172650j:plain
黒目1羽、赤目2羽、生後20日目くらいの写真です。

f:id:hanabusa_do:20170125172848j:plain
これから大人になるに連れて、羽の色がどのように変わって来るのかと思うとワクワクしてしまいます。

アルビノとホオグロを親に持つ子供たち、この子達にもお迎えがある事が一番幸せな事だと私は思うのだけど、少しでも長い間この子たちの成長を見守りたい、そんな親心が湧いてしまう、この頃のはなぶさ堂なのです。

つづく

さて次回も、もうちょっとだけ「ヒナたちのおはなし」を綴ろうかと思います。

f:id:hanabusa_do:20170125181350j:plain
ヒナたちのちょびっと伸びたかわいい「お尻の羽」のおはなしを交えて、シナモン文鳥とクリーム文鳥のヒナのおはなしを綴ります。
いつも読んでくださる皆さんに感謝!次回もお楽しみに…。


★↓文鳥飼いさんたちの色んなブログが紹介されています!


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 文鳥 ブログランキングへ

 
★↓はなぶさ堂のinstagram。ほぼ毎日鳥たちの写真をポストしています。

www.instagram.com

 

ヒナたちのおはなし 其の弐 ‐キンカチョウ‐

冬の寒さも深まり、飼鳥たちにとっては温度の低下に気をつけたい時期ですが、1月も半ばに入って、やっと朝の陽の出の時間が少し早まって来た事が、飼い主にとっては嬉しいこの頃です。
だって、朝が早く訪れてくれれば、その分だけ鳥たちに時間を使ってやれるのだから…。

さてさて、引き続き「ヒナたちのおはなし」ですが、今回は「キンカチョウ」の雛のお話しを綴らせていただきます。
前回のシルバー文鳥のヒナ達と時を同じくして10月半ば頃のおはなし。

f:id:hanabusa_do:20161227152022j:plain

キンカチョウの「てん(甜々♂)」と「なつめ(棗♀)」の間にも卵が産まれていました。
キンカチョウは特に産卵の時期が定まっている様には思いませんが、はなぶさ堂の環境下では、十姉妹と同じ様に春と秋に卵を産む子が多いように思います。

f:id:hanabusa_do:20161227152132j:plain
一所懸命に抱卵をしている「なつめ(棗♀)」。それを覗き込む「てん(甜々♂)」。

f:id:hanabusa_do:20161227152245j:plain
「そろそろ交代しようか?」と必要に覗き込んでは、「なつめ(棗♀)」に『ぺーペー』っと一喝されてしまう「てん(甜々♂)」。
「なつめ(棗♀)」は殆ど交代せずに卵を大切に大切に暖めていました。
だけど、自分がご飯を食べたい時だけ「てん(甜々♂)」に交代してもらうのが、いかにも「なつめ(棗♀)」らしくて微笑ましかったのです。

f:id:hanabusa_do:20161227152410j:plain
そしてある日、小さな小さなヒナが一羽孵ったのです。
念願の「てん(甜々♂)」と「なつめ(棗♀)」のあかちゃんに飼い主は大喜びでした。

f:id:hanabusa_do:20161227152555j:plain
だけど「なつめ(棗♀)」と来たら、ヒナが孵ってからは一度もつぼ巣に入ろうとしないのです…。
それどころか「なんか変な奴いるっ!ぺーぺー」と、私に訴えかける様子、その上「てん(甜々♂)」が巣に入ろうとする事まで阻止していました…。

そう、またまた“育児放棄”をしてしまったのです…。
以前にも「なつめ(棗♀)」の育児放棄の事はこのブログに書いたと思いますけど、キンカチョウは特に育児放棄をする子が多いと聞きます。
思いを返せば「なつめ(棗♀)」本人も“育児放棄”をされて人の手で育った子なのです…。

f:id:hanabusa_do:20161229120629j:plain
そして、止むを得ず巣から引き上げてみたのですが、あまりの小ささに愕然としました…。
他の卵も孵らないかと、毎朝毎晩巣の中を覗き込みましたが中止卵となってしまい…。
でも、とてもとてもカワイイこのチビスケだけでも、どうにかして命を繋いでやろうと必死になりました。

f:id:hanabusa_do:20161229120850j:plain
大きな口を空けてお腹が減りに減っているチビスケ、鉛筆の先っちょ程度しかないそのクチバシですが、先ずはさし餌をしてやれないと確実に命を落としてしまいます…。
爪楊枝の先を平らに削って、サラサラに溶いたフォーミュラをほんの数滴づつ飲ませました。
それでも、“そのう”に上手く溜まっていかないので、止むを得ず十姉妹たちに協力を依頼しました。

f:id:hanabusa_do:20161229121330j:plain
十姉妹達は幾ら子育てが上手といっても、他人の子をいきなり放り込んで育ててくれる様な子は、よっぽど育児が好きな子だけだと思って居ましたから、本来ならタイミングが要って、十姉妹達が自分の子育てや抱卵をしているところに他のヒナを放り込んでやるのがその一番の術だと思うのです。
当然そんなにタイミング良く子育てしている子は居ず…。
それを解っていても、人の手の上より十姉妹達のお腹の下の方が暖かいに決まっている。そんな僅かな期待を込めて十姉妹たちに委ねてみました。

f:id:hanabusa_do:20161229121837j:plain
すると「きなこ(黄粉♀)」の母性本能発動。
写真は動画からのキャプチャなのでとても見難いのですが、十姉妹の「きなこ(黄粉♀)」がクチバシから吐き戻してチビスケにごはんを与えている所です。

f:id:hanabusa_do:20161229122217j:plain
それでも、やはりチビスケは弱っていく一方で、流石にこの小さな子を連れ歩く訳にも行かず、留守中は十姉妹たちに願いを込めてチビスケを委ねましたが、十姉妹達もなかなか本領発揮とは行かず、出来る事の全てを尽くして私の手からも僅かなさし餌を飲ませてやりました。

そして、十姉妹と協力する事3日が経って、キンカチョウのヒナ特有の綿毛が開き始めた朝に、十姉妹達の巣の中でチビスケは息を引き取って居ました…。


f:id:hanabusa_do:20161229123538j:plain
そんな苦労は知ったこっちゃない!と、変なポーズをとる親鳥の「なつめ(棗♀)」…。
だけどね、彼女は何にも悪い事はしてないの…。
本能で生きているのが動物なのだから、その卵を取り上げながら進化させてきた、人間の方がよっぽど捻じ曲がっているのかも知れません…。

成功者だったり、失敗を知らない人は口を揃えるようにしてこう言います。

育児放棄された雛や卵は十姉妹に育てさせればいい」


私はそれを一概に間違いとは思いません、十姉妹の育児能力は飼鳥の歴史を以ってして、むしろ人間が作り上げてしまった機能だとも思いますから…。
だけど、その経験は十姉妹のスキルであって、成功者のものではないですよね?。

人間には「言葉」があるから経験を語ろうとして当たり前と思います。
そして逆に失敗をした事のある人はあまり多くを語りたがりません…。

私は今回、育児放棄されたヒナの育雛に失敗をしました…。
だからこそ敢えてここに記しておきたい事。
それはね。

「十姉妹に養母や卓卵をさせるには、タイミングが重要です」という事。

十姉妹は確かに育児能力の高い鳥です、しかしそれは進化の過程で培ってきた「本能」でそうしているのですから、当然要らないヒナは放り出される事もあります。

先人の知恵や言葉は大切にしたいですけども、何事も進化していく世の中、人から聞いた事だけでは賄えない事は幾つもあります。

“もし自分が”「お迎えの無い鳥だったら」「放り出された雛だったら」「他人の子を突然預かった十姉妹だったら」どう思うのだろう?
人間同士でも同じ事だけども、相手の事を思いやる気持は時に知識や経験を上回る事があると私は思っています。

いかんいかん…、文章が堅苦しくなってしまいましたが…、人間と同じで鳥もみんな性格は各々異なるものなのだから、“いきもの”として一緒に「協力」して生きて行きたい。
そんな風に私は思うのです…。



さて、次回も“ヒナたちのおはなし”は続きます。

f:id:hanabusa_do:20161229142927j:plain
ホオグロ文鳥の「トトさん(徒々♀)」とアルビノ文鳥「ゆき(雪♂)」の間に産まれた子。「たもり(田森)」と「みもり(未森)」のおはなし。
次回は元気いっぱいなお話しを書きたいなぁ。

 

ヒナたちのおはなし 其の壱 ‐シルバー文鳥‐

いつの間にやら年が明け、ついに酉年が訪れました。
遅ればせながら、今年も細々と更新を続けて行きたいと思っていますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

さて、はなぶさ堂は昨年末から子育ての真っ最中。
と言っても、もちろん人の子ではなくて鳥の子育てです。

特に文鳥のヒナのシーズンは10月頃から4月位まで、その年の寒さや暖かさによっては、9月や5月にずれ込む事もありますが、一度卵を産んでヒナを孵した親鳥達でも、この期間には繰り返し産卵をするのです。

そんな文鳥たちの恋の季節、今回は“はなぶさ堂”で産まれたヒナたちのおはなしを綴ろうと思います。

f:id:hanabusa_do:20161226134559j:plain
さて、先ずはシルバー文鳥の「ぎんこ(銀呼♂)」と「すず(錫♀)」。
最初の卵を産んだのは10月20日頃でした。

f:id:hanabusa_do:20161226140816j:plain

先ずは一つ。

f:id:hanabusa_do:20161226140842j:plain
そして、翌日に二つ目。
一日に一つずつを産んで、三つ目を産んだ頃から親鳥達は抱卵を始めます。

f:id:hanabusa_do:20161024072837j:plain
大切そうに卵を温める「ぎんこ(銀呼♂)」。
ちなみに「すず(錫♀)」はつぼ巣の上で見張りをしながら自分の順番を待っていました、文鳥も十姉妹と同じで、オスメス協力して変わり番こに卵を温めます。

f:id:hanabusa_do:20161226141043j:plain
四つ目にもなるとなかなか写真も撮らせてくれないのですが、何とか4個の卵を確認。
これに限りませんが、文鳥は一度に4~6個の卵を産みます。
日に日に卵は増えているので、毎朝巣の中を見せてもらう事を親鳥に許してもらいながら、そーっと覗き込みました。
だって、「ぎんこ(銀呼♂)」と「すず(錫♀)」にしても、始めて人間立会いの下に抱卵をするのですから、大きな顔が突然に近づいたらびっくりしてつぼ巣から飛び出してしまうのです。

だから、抱卵中は出来るだけ覗き込まないようにしながら、スマホのカメラ等でそっと撮影して中を見せてもらうようにしています。

f:id:hanabusa_do:20161226141724j:plain
抱卵を始めて約20日、11月11日ついにヒナが孵りました。(写真は12日に撮影)
最初の2羽は同じ日に孵り、3羽目の子はその翌日にまるでカリメロのように卵の殻の帽子をかぶってモソモソと動いていました。

f:id:hanabusa_do:20161226142611j:plain
それから5日程で身体はだんだんと大きくなって、羽の先が色付いてきました。

f:id:hanabusa_do:20161226142730j:plain
それからまた5日程が経つと腕や頭に羽になる部分のツクツクが見え始めて来ます。
それと、10日過ぎる頃には“まぶた”も形成されてきて、小さな小さな目を開こうとするヒナたちの「すりこみ」に適した時期になってきます。

それにしても、この子達は親鳥が優秀だったので、ツボ巣の中に居ても“そのう”がパンパン。
とは言っても、親鳥達だって食べなくては痩せてしまいますから、飼い主だって終始餌の量には気を使いました。

f:id:hanabusa_do:20161226143411j:plain
そして、生後16日目。もう目が開く寸前です。
よく聞く話で「目が開く前に巣上げしないと懐かない」と言われる事もありますけど、私はそんな事はないと思います。
「すりこみ」は鳥類特有の「生まれて始めて見たものを“親”と思い込む」という行動ですが、人に飼い慣らされた「飼鳥」の場合、遺伝子は江戸時代からの進化の過程で「人間大丈夫遺伝子(造語です…)」の様なものも組み込まれてきているように思っているのは私だけでしょうか…(笑)。
個人的には、「すりこみ」を重視するより、ヒナや親鳥の状態を見ながらヒナを引き受けるタイミングを考えてやっています。

勿論「すりこみ」する事でより一層に飼い主を敬愛する存在になるとも思いますので、「すりこみ」に関してご興味お持ちの方には、コンラートローレンツさんという動物学の先生の著書「ソロモンの指輪」をオススメさせて下さいね。

 

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

 

 

f:id:hanabusa_do:20161227125555j:plain

さて、がんばった親鳥達に「おつかれさま」を伝えて、ここからは育雛を交代します。
親鳥にしても子育てはかなりの体力勝負、実際「すず(錫♀)」も尾羽をボロボロにしながらの育雛でした。
飼い鳥の場合「親鳥に育てさせる」という事も、そんなに容易に考えるべき事ではないと私は思います。
そして、親鳥からヒナを取り上げるという行為にもやはり心を痛めますけど、親鳥にしても固体によっては体重の減少が激しかったり…、手を差し伸べずには居られなくなる事がある、という事も事実なのです。

f:id:hanabusa_do:20161227130106j:plain
そしてヒナ達、巣上げしてから数日で「シルバー文鳥のヒナ」らしい羽色になってきました。
未だ足で立つ事もできなくて、主にお尻ふりふりしながら後方に進んではぎゅ~っとくっついて居ます。
背中がまだ少し寒そうだけど、3羽一緒なら暖かいね。

f:id:hanabusa_do:20161227130535j:plain
人から貰うさし餌にも慣れて、おねだりが出来る位まで成長し、未だ一人餌は出来ない内から、三羽揃ってとっても暖かいご家庭にお迎えしていただきました。
兄弟が一緒にずっとご飯を食べられるという環境、ヒナ達にとってはなかなか無い事だと思います。
そんな環境で成長できるこの子たちは本当に幸せ者、今はもうクチバシも赤くなり、新しいおうちで三羽揃って逞しく育っています。

f:id:hanabusa_do:20170110141612j:plain
そして、「ぎんこ(銀呼♂)」と「すず(錫♀)」にはたくさん休養を取ってもらって、夫婦水入らずでカゴ暮らしを満喫してもらいました。
シルバー夫婦のお隣ではクリーム夫婦もこの時子育てをしていて、はなぶさ堂では絶えずヒナの声が聞こえています。


10月からの子育てを経て、12月に入ったある日の事「すず(錫♀)」は二回目の卵を産み始めました。

f:id:hanabusa_do:20170110142036j:plain
それから12月29日には、また小さな命が誕生しました。
卵は5つ抱いていたのだけど、孵ったのは2羽だけ、でも、すっかり親の役目を果たせるようになった「ぎんこ(銀呼♂)」と「すず(錫♀)」。
もともと、お迎えのなかった荒鳥の2羽、こうしてしっかりと人間の下で卵を孵して、本来自分たちのやりたい事に夢中でいてくれてます。

f:id:hanabusa_do:20170110142252j:plain
1月9日、もう目が開きそうなチビたち。とっても元気です。
この子達にもまた幸せな未来が訪れる事を祈りつつ、今回のおはなしはここまで…。


さて、次回のおはなしは。

f:id:hanabusa_do:20161229122217j:plain
小さな小さなキンカチョウのヒナのおはなしを綴ろうと思います。
生後0日のヒナの命を繋ぐのも人の役目になってしまう場合があります。
しかしこれは容易い事ではありません…。
成功者は多くを語るけど、失敗した者は口をつぐみます。
だからこそ、幸せな事もそうでない事も「はなぶさ堂」なりの言葉で書き綴って行きたいと考えています。

++++++++++++はなぶさ堂からのお知らせ+++++++++++++

【お知らせ その1】

只今、池袋東急ハンズで開催中の「インコと仲間たちトリトブ部屋2017酉」に「はなぶさ堂/cotorikatta」の鳥雑貨を出展させて頂いております!

たくさんの鳥作家さんたちの作品がずらりと並ぶイベントの詳細は↓こちら。
2017.1月7日(土)~29日(日)まで


【お知らせ その2】

★マガジンハウスさんから大晦日に発売されたムック「#とりまみれ」に
 はなぶさ堂の鳥たちが紹介されました!
 webstoreコトリカッタからもご購入いただけます。

f:id:hanabusa_do:20170110151447j:plain


 

★↓文鳥飼いさんたちの色んなブログが紹介されています!


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 文鳥 ブログランキングへ

 
★↓はなぶさ堂のinstagram。ほぼ毎日鳥たちの写真をポストしています。

www.instagram.com

 



ヒメウズラ雑記 / 親愛なるヒメウズラ

私がヒメウズラを飼い始めた切っ掛けは、西荻窪にあった某カフェで「かれん♂」という名のヒメウズラに出会った事でした。
彼はシルバー色で少しお腹の羽が赤く、立派な眉毛羽を持ったとても素敵なダンディーでした。
お客さんからもたくさん可愛がられていたけどお店は今はなく、「かれん♂」はその頃から結構なお年を召していて、今年9月の末に幸せなご家族の下で永眠したということです。


そのお話を聞いたあくる日の事、とても傷付いた状態のシルバー色のヒメウズラに出会ったのです。

f:id:hanabusa_do:20161114173737j:plain
こちら側にはあんまり聞かされない話ですが、ウズラやヒメウズラという生き物は、冷凍マウスの様に猛禽類の食用として扱われる場合があるのです…。
この子はそうなる予定の一羽だったのですが、一羽だけシルバー色だったので、咄嗟に「かれん♂」さんの事を思い出したら、この子の事を昔から知っている様な気持になってしまって「助けなきゃ、助けなきゃ」そう思わずには居られなくて…、手を差し伸べずには居られなくて…、その場で引き取る事になったのです。

f:id:hanabusa_do:20161114174347j:plain
かろうじて、血を流すような状態ではなかったものの、たくさんのヒメウズラが同じカゴで生活して居たので、羽食いをしてしまうヒメウズラの習性上、背中とお腹の羽は殆ど仲間からむしり取られて、赤く腫れ上がっていました…。
当然、同じカゴの子たちも同じかそれ以上の状態でした…。

もう最初から「かれん♂」さんの事が頭にあったので、勝手ながら名前の一部を分けてもらって、この子のには「れん(蓮♂)」という名を与えました。

f:id:hanabusa_do:20161114174904j:plain
眉間にシワを寄せて、困ったような顔をする「れん(蓮♂)」。
そりゃそうだよね、人間に抱っこされた事なんて今まで一度もないのだから…。
後から聞いたら、そもそもこの子も見知らぬ家族からのお迎えを待っていた子なのだそうです…。

f:id:hanabusa_do:20161114175033j:plain
だけど、いざ健康状態を観察すると、羽だけではなくクチバシの噛み合わせも悪く、歩き方もたどたどしく、爪の色も良くありませんでした…。
抱っこしてやっても羽のない背中はとてもとても体温が高くて、それはそれは心配になりました。

f:id:hanabusa_do:20161114175301j:plain
何日かの間、大切に介抱してやっていたら、少しづつ棒羽(つくつく)が伸びてきました。

f:id:hanabusa_do:20161114175345j:plain
胸にもほら。羽の元となる棒状のつくつくがたくさん。
気持悪いって言わないで下さいね…、これも回復の兆しなの…。
でも、この頃の「れん(蓮♂)」は、やっぱり体力の消耗が激しいようで手に乗せても何の抵抗もしないでいました。

f:id:hanabusa_do:20161114175636j:plain
主翼はボサボサなので早く砂浴びをさせてやりたかったけど、この皮膚の状態じゃちょっと未だ早いかな…。
きっと砂ですら直接皮膚に当たったら痛いだろうなぁ…。

f:id:hanabusa_do:20161114180029j:plain
右側の主翼も、初列が大げさに曲がって居るように見えました…。

f:id:hanabusa_do:20161114180204j:plain
体温は高いのだけど、とっても寒そうな「れん(蓮♂)」。
日当たり、水、風通しと温度管理、幸い秋口の丁度いい季節だったので、「れん(蓮♂)」は少しずつ回復を見せてくれました。

f:id:hanabusa_do:20161114181837j:plain
でもまだ、羽が少ないので、夜には「うり(瓜乃♂)」に背中の羽を借りてあったまったりして、なんだか居心地良さそうな顔も見せ始めてくれましたよ。

f:id:hanabusa_do:20161114182011j:plain
そして、ほら。数日後にはこんなにふかふか。

f:id:hanabusa_do:20161114182059j:plain
お腹の羽だって「どんなもんだい!」と自信満々で胸を張って見せてくれました。

だけど、気になるのは歩き方がたどたどしかった事、この頃は全く気が付かなかったのだけど「れん(蓮♂)」はどうやら足も患っていたのです…。

f:id:hanabusa_do:20161114182530j:plain
羽も生え揃って、飼い主も喜んで撮影した一枚でしたけど、後から見返してみると指の間接の部分が少しだけ腫れている様に見えます。

そして、この足の腫れに気が付けなった事が原因で「れん(蓮♂)」の足の病は進行してしまいました…。

f:id:hanabusa_do:20161115101834j:plain
この状態になるまで、ほんの数日の出来事でした…。
はなぶさ堂には足の悪いヒメウズラが他に2羽居ますが、その子たちは親鳥が執拗に突いてしまった為の事故で同様に足の指が壊死してしまって、それから欠損しました…。

f:id:hanabusa_do:20161115102713j:plain
この子は「うい(憂♂)」両足共に指は2本しか無いけど、毎日走り回れるほどの元気を持っていて、夜中にはうるさいほどの雄叫びも上げるので、ほぼ毎晩一緒に寝てやって居ます…。

f:id:hanabusa_do:20161115102847j:plain
この子は「あんよ(杏世♀)」左足はかろうじて指の根元が残っているけれど、右足は殆どの指を失った為に膝から下が曲がっています…。

f:id:hanabusa_do:20160818194650j:plain
当然、立ち上がることも出来ないのだけど、立派な卵が産めるまで成長して、はなぶさ堂ではアイドル的な存在になっています。

「うい(憂♂)」「あんよ(杏世♀)」の足は激しく突かれた外傷からの壊死・欠損でしたけど、「れん(蓮♂)」の今回の足の状態はそれとはまた違っていました…。

f:id:hanabusa_do:20161115103318j:plain
「れん(蓮♂)」を医者に診せて抗生剤を貰ったのだけど、診断としては「趾瘤症(しりゅうしょう)」要するにバンブルフットなのだそうです。
バンブルフット・趾瘤症(しりゅうしょう)は読んで字のごとく、足指にコブが出来る病気らしく、猛禽類やアヒル等、体の大きな鳥に多く見受けられるそうで、ウズラやヒメウズラもそれになりやすいという事でした。
因みに、はなぶさ堂にはバンブルフットのキンカチョウ「シドくん♂」も居ますが、キンカチョウにもバンブルフットは見受けられます。

f:id:hanabusa_do:20161115110657j:plain
投薬の甲斐あって、現在進行は止まっているのですが、壊死した指は欠損してしまいました…。

f:id:hanabusa_do:20161115110834j:plain
右足、腫れは引いてコブも小さくなりましたが、膨らんだ指は壊死していくと思います…。

f:id:hanabusa_do:20161115111023j:plain
左足、二本になってしまいましたが、カサブタも取れてだいぶ腫れの状態も落ち着いてきました。

f:id:hanabusa_do:20161115111140j:plain
かさかさの足にハンドクリームでも塗ってやりたい気持ですが、現在は「れん(蓮♂)」の力を信じて毎日状態のチェックを続けています。

「れん(蓮♂)」が趾瘤症(しりゅうしょう)になった事には理由があります。
それは、はなぶさ堂に来るの前の環境で、糞きり網のあるカゴで飼育されていた事、飛ぶ鳥は糞きり網があっても掴まれる形の足の造りをしていますが、ヒメウズラの足は止まり木に止まるようには出来ていません。
細い糞きり網の上をたくさん歩いた事で、突然の床暮らしに負担が掛かったのです。
それと、私自身にも責任があって、糞きり網で生活していれば当然「爪」が伸びるのだけど、「れん(蓮♂)」を引き取ったタイミングで爪を切ってしまった事…。
今まで爪の先を使ってなかったのに、床暮らしになってから切った爪の先からも何らかの菌が入ってしまった事も考えられます。

f:id:hanabusa_do:20161115111407j:plain
「れん(蓮♂)」には床の上は厳しいので、夜には布団を敷いたその上に放鳥させています。

f:id:hanabusa_do:20161115111510j:plain
すっかり落ち着いた様子でウトウトと眠る「れん(蓮♂)」。


「安心していいよ、もうお前の事誰も食べたりしないから…。」



冒頭にお話した、私にとっての親愛なるヒメウズラ「かれん♂」さんが生きた時間は、「かれん♂」さんに出合った色々な人の心に引き継がれました。
私もその中の1人であって「れん(蓮♂)」や、世界中のヒメウズラ達の心にもまた、人間の優しさが引き継がれますように…。

そして、至らぬ点ばかりの記事なので全てが正解とは言えませんが、この記事がヒメウズラと暮らしている、お迎えしようと考えている方々の参考になれたら幸いです。

 

f:id:hanabusa_do:20161115122523j:plain
さて、次回のお話は…。
はなぶさ堂では今、文鳥たちがせっせと子育てをしております。
そう、赤ちゃんたちと鳥の子育てのお話です。
毎々最後まで読んでくださるみなさんに感謝しつつ、次回もお楽しみに。

にほんブログ村 鳥ブログ ウズラへ
にほんブログ村

ウズラ ブログランキングへ

f:id:hanabusa_do:20161008181159j:plain
はなぶさ堂より「ヒメウズラ」のLINEスタンプ発売中です!!

 

www.instagram.com

 

鳥と生活 / 人間の事情と鳥の事情 最終章 -十姉妹の事情-

十姉妹の原種はコシジロキンパラという鳥で、江戸時代の日本でカエデチョウ科の何らかの鳥との交配により人の手で作り出された種類なのだそうです。
そして日本では「飼鳥」として、江戸時代からずっと人間と暮らしているのです。

コシジロキンパラはどちらかと言うと“ヨーロッパ十姉妹”に近いような気がするけど、十姉妹も色柄は其々ですがやっぱり“腰が白い”です。

f:id:hanabusa_do:20160904170853j:plain
ほら、このとおり色違いでも同じ腰白コスチュームなの。

そして十姉妹は常に仲良しで、ケンカなんて全くと言っていいほどしません。
たまに突いちゃう子も居るみたいだけど…。
だけどその分、子作りもとっても上手で放っておくと直ぐに卵を産んで、家族揃って変わり番こに抱卵をしてくれます。
だけど、はなぶさ堂には現在十姉妹が14羽も居て…。
兄弟姉妹も多いので出来るだけ交配を避けるべく、オスメスでカゴを分けて暮らしています。

f:id:hanabusa_do:20160710075422j:plain
こちらは女子部屋。
いつもジュリジュリ鳴いていて、まるで洋服や食べ物の事で会話を弾ませているみたいに見えます。

f:id:hanabusa_do:20160709182648j:plain
こちらは男子部屋。
「まゆ(眉♂)」は相変わらず凛々しい顔つき、ツボ巣に3羽、「あか(茜♂)」「はぎ(萩♂)」「いちじく(九♂)」男同士でぎゅっとなってるけど「じゃまだ!どけ!」なんて絶対に言いませんよ。
むしろ仲良く囀りあって音楽系男子とも取れます。

f:id:hanabusa_do:20161103072812j:plain
さてさて、こちらの2羽はブログにも他のSNSにも初登場の「レラ♂」と「ミラ♀」です。
前回、前々回と紹介したキンカチョウの「シドくん♂」文鳥の「ラーラ♀」と一緒に、訳あって同じ飼い主さんから引き取った最後の2羽です。

“はなぶさ堂”の子達にしては名前がカタカナ?よく言われます…。
前の飼い主さんも「名前変えて良いよ」と言ってくれたのですが、「せっかく授かった名前を変えるなんておかしい」と思ったのでそのまま呼んでいます。
ドレミファソラシドの音階が名前の由来になっているのだそうですよ。

f:id:hanabusa_do:20160816073740j:plain
せっかく“つがい”で引き取った子達だけど、手軽に子供を増やす訳にも行かないので渋々部屋分けはさせてもらいました…。

「レラ♂」は男子部屋で、「まゆ(眉♂)」ととっても仲良し、二人とも特徴的な囀りをするので、やっぱり“音楽系男子”だなぁと思うこの頃。

f:id:hanabusa_do:20161029072400j:plain
「ミラ♀」は女子部屋で人一倍ブランコをこいで遊んでいます。

f:id:hanabusa_do:20160925143219j:plain
そして、はなぶさ堂の十姉妹と言えば「じゃく(雀♂)右」と「ちょこなん(猪口南♀)左」です。
9羽の子供を育てて、その後も二人はずっと同じカゴで生活をしています。

「じゃく(雀♂)」は“はなぶさ堂”に一番初めにお迎えした十姉妹。
時が経つのは早いもので、現在5歳になります。
十姉妹の寿命は5年~8年?まあ色々言われますけど、「じゃく(雀♂)」も最近はあんまり囀らなくなりました…。

f:id:hanabusa_do:20161103072936j:plain
でも、とっても元気だし、瞳も相変わらずキラキラしています。
「ちょこなん(猪口南♀)」は4歳にして、卵を殆ど産まなくなってきています…。
たまに産んでも、軟卵が多く2羽にはカルシウムとビタミンを多目に与えていますが、特にこの子達にこれ以上の子孫を期待しないので、老後ののんびりした時間を楽しんでもらっているつもりです。
たくさん食べるし糞の状態も好調、そして何より水浴びが大好き!。
長生きしてもらわなきゃね!。

f:id:hanabusa_do:20160313103106j:plain
そんな「じゃく(雀♂)」パパ、子供達との会話の時間も忘れません。
最初は娘たちの婿としてお迎えされた「まゆ(眉♂)」とも良い関係を保っています。

十姉妹達を放鳥する時は“気まぐれ”で、朝の掃除の時にもカゴから出たがる子も居るのですが、飼い主に時間がある時はカゴの入り口をわざと開けるようにしています。
実際、上の写真の様に勝手に出てきて井戸端会議が始まるのだから、十姉妹っていう生き物は本当に呑気で、居心地の良い空間を作ってくれます。

f:id:hanabusa_do:20160904141122j:plain
いつも真っ先にカゴの外に出たがる「りん(鈴♀)」ちゃん。
はなぶさ堂のwebstore「コトリカッタ」のロゴのモデルにもなっている子です。

f:id:hanabusa_do:20161029071420j:plain
後を付いて来た「あお(藍♀)」は水浴びが目当てだったみたい。
このオレンジ色の水浴び容器は、この子達がヒナだった時から使っている容器なの、これも「大丈夫なもの」ってちゃんと覚えてるんだね。

f:id:hanabusa_do:20160709180513j:plain
最近この容器は、お外で水浴び派のキンカチョウ「こまき(小牧♂)」の為に置いているのだけれども、ほら「ちょびちん(猪備珍♀)」もこれが好きみたい。

f:id:hanabusa_do:20161011072150j:plain
男子部屋からだって遠慮なく飛び出してきます。
「いちじく(九♂)」珍しくテーブルまで遊びに来てくれました。

f:id:hanabusa_do:20160706160105j:plain
その後を追ってきた「はぎ(萩♂)」爪が伸びていたので飼い主にとっ捕まる…。
爪切りにしても、十姉妹の場合はこんな感じで“気まぐれ”に行われています。

十姉妹を放鳥しているとなんだかまるで森の中の住人になった居心地がします。
でも、そんな彼らは自然界には存在しない種類でもあるわけで…、人間の事情から作り出されたいきもの…、だからこそ人間との共存を選んで優しい性格に進化してきたのだと私は思います。

f:id:hanabusa_do:20161014215905j:plain

十姉妹には何の事情も感じません、小さな子孫をたくさん残しながらも、短命にして前向きな生き方。
日々のんびりと穏やかに囀っていて、陽の出と共に起きて、日が暮れればぎゅっと支え合いながら眠る。

常にまわりの事に気を配っていて、たくさん一緒に暮らしていても誰も自分が一番では居ないから、みんな仲良しで居てくれるんだと思います。
 

f:id:hanabusa_do:20160801071951j:plain
そうして毎日しっかりとした朝を迎える十姉妹達。
十姉妹の様に優しい生活が出来れば、人間だって争い事なんかしなくなるんだろうなぁ…、なんてちょっと考えてしまったら、ここにもまた見習いたい鳥たちの平和がありました。



「人間の事情と鳥の事情」はこの辺で完結させておきましょう…。
5ヶ月間ブログを更新出来ない状況だったので、書きたい事は未だあるのですが…。
そして、はなぶさ堂には未だ紹介しきれいてない子が居ます。

f:id:hanabusa_do:20161103165007j:plain

人は鶏肉を食べます、そして人間の事情から鳥の命が連鎖をさせられる事もあって、そんな状況に出くわしたら、偽善だけど、手を差し伸べるしかなかった…。
猛禽類の餌にされる寸前で引き取ったヒメウズラのお話を綴ろうかと思います。


それでは、いつも読んでくださる皆さんに感謝しつつ、また次回お会いしましょうね。


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 鳥ブログ 十姉妹へ


十姉妹 ブログランキングへ

www.instagram.com