読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と生活 / ヒメウズラの 「千代丸と瓜乃」成長記録・完結編

ヒメウズラ

ヒナの成長記録を書いていましたが、
ヒメウズラの2羽のその後も記しておきたいと思います。

f:id:hanabusa_do:20151003162902j:plain
こんなに小さい赤ちゃんだった2羽のヒメウズラ。
生後3日目お迎えして、今や生後3ヶ月、もうすっかり大人です。

前回の成長記が生後35日くらいまでだったので、続きから綴ります。

f:id:hanabusa_do:20151219081535j:plain
この写真↑の頃で、だいたい生後一ヵ月半です。
まだ、2羽とも幼さが残っていて、大人の羽がまだ完全に生え揃っていない状態です。

f:id:hanabusa_do:20151219081753j:plain
生後1ヶ月半ほど。
うりの(瓜乃♂)、うり坊だった時の面影も薄く、
大人の羽に生え変わる手前のまだら模様がとても綺麗でした。

f:id:hanabusa_do:20151219082217j:plain
ちよまる(千代丸♀)はヒーターの上で寝そべってグラビアポーズ。
赤ちゃんの時からここが大好きなちよまる♀、
足を伸ばして横になるのはヒメウズラの特徴だけど、
なかなか写真には撮らせてくれないのです…。

f:id:hanabusa_do:20151219082458j:plain
生後2ヶ月ほど、
うりの♂はとても大人しい性格でしたが、
この頃は、夜中にカゴの中で飛び跳ねたり自虐的な行為が多く、
天井に頭をぶつけて流血したりして、少し頭がはげていました…。
ヒメウズラの飼育はこの時期だけが本当に大変です。
あんまり大量の血を流すとそのまま死んでしまう事もあると聞くので、
出来るだけストレスを与えないように…。

因みに、出血時は血が止まれば大丈夫です。
かさぶたが出来たらむしろ安心ですが、
止血剤を持っていれば、出血時直ぐに塗ってやるとかさぶたも出来にくく、
羽抜けも最小ですみます。
うちでは止血剤が無い場合は小麦粉等で代用しています。

f:id:hanabusa_do:20151219083209j:plain
千代丸♀はヒナ時代にはとても活発でしたが、
生後2ヶ月くらいから安定してきました。
一度頭を天井にぶつけて出血したけど、今はすっかり綺麗な白姫に成長。

f:id:hanabusa_do:20151219082704j:plain
生後2ヵ月半ほど、
うりの♂が段々男らしくなってきて、カゴの中で暴れたがるので、
日中少し長めに部屋の中に放しています。
そのせいか、置いてあったタオルで布浴びを始める様になって、
それ以降、うりの♂は布浴びが大好きになりました。
だけど、この頃からケンカもはじめ、2羽は別々のカゴで生活するようになりました。

f:id:hanabusa_do:20151219083643j:plain
千代丸♀は、生後2ヶ月半くらいで卵を産み始めて、女の子と判明。
以前から飼育している「うずまきさん♀」をずっと男と思って育ててたので、
卵が生まれれば間違いなくメス(汗)。
2ヶ月目くらいでオスメスの判断方法がまま解ってきたのですが、
・模様で解る固体:前掛け柄がしっかり出ている子がオス。
・体の形:お尻が雫型に膨らんでいる子はメス、オスは比較的先細り。
・鳴き声:ヒナの頃から「ヒーヒーヒー」と三回鳴くのはメス率高く、
 オスは喉を鳴らしたがる。
経験談ではあるもの、確実な事ではないのでご参考までに…。

f:id:hanabusa_do:20151219082925j:plain
そして、うりの♂は3ヶ月くらいから「雄叫び」を始めました。
勿論、「雄叫び」なのでメスはしないのですが、小さな身体でも早朝は結構響きます。
鳴く前に「コーーー」というイビキみたいな音で喉を鳴らしてから、
勢いよく「ピヨーーーーォ!」と何回も鳴きます。気が済むまで鳴きます…。
早朝、5時頃からこれをするので、そういう時はカゴから出して、
同じ布団で一緒に寝ています…。
まだ、若いのでとても鳴きたい盛りなのだと思って、
今は毎朝付き合ってやってます…(汗)。

f:id:hanabusa_do:20151219085004j:plain
布団に潜るうりの♂。
さっきまで大声で叫んでいたのに、布団に入れてもらうと直ぐに寝ます…。
飼い主も寝返りに気をつけながら二度寝…。
首元がとってもあったかくて、まるで湯たんぽです。

外が明るくなる頃にはまた、うりの♂が起してくれます(笑)。
お陰で最近、彼との友情が芽生えてきた気がします…。

f:id:hanabusa_do:20151219085309j:plain
千代丸♀はマイペース。
放鳥している時たまに近寄ってきて、かまって欲しがったりします。
基本はウロチョロ歩き回っていますけど、
天気のいい日にはやはり日向ぼっこがお好みの様です。

f:id:hanabusa_do:20151219085718j:plain
千代丸♀の構ってポーズ、
千代丸姉さん、立派な白姫に成長しました。
小首をかしげながら「ピヨピヨピヨ」と囁くような声でこちらを見てきます。
身体を平らにして訴えかけるようにアピールをしてきます。
ヒメウズラのしぐさで一番カワイイしぐさと思っているのだけど、
このしぐさ、女の子だけしかしないのかな…?。

f:id:hanabusa_do:20151219090514j:plain
そして、生後3カ月。
二人ともすっかり大人になって、今では家族同様に日々過ごしています。
ヒナの時は、家具の後ろに入り込んでしまったり、羽が生え揃った頃には、勢い良く天井まで飛んで、頭をぶつけて血を流してしまったり、気をつけることもそれなりですが、卵が産める位まで成熟すると不思議と悪さはしなくなります。

家具の隙間や、目の届かない所には入らなくなりますし、何より人にはとても良くなれます。
だけど、換羽の時だけは要注意!気が立って自虐的になる子も居ます。

f:id:hanabusa_do:20151219091329j:plain
こちらは、久々登場「うずまき(渦巻♀)」さん。1歳。
怪我もなく、とっても元気に日々遊びまわっていますよ。

ヒメウズラ達は、まるでネコの様に気まぐれで、他の鳥たちが近寄ってきても、マイペースといった感じです。
小さなちいさな身体を手の平で抱っこしていれば、いつまでだって手の中でぬくぬくしてくれるので、ちょっと行き詰った時にいつも助けてもらっています。

ちよまる(千代丸♀)とうりの(瓜乃♂)もすっかり大人になったので、
彼らの成長記録はここまで…。

寿命は5年くらいと聞いていますけど、長生きしてくれるといいなぁ。
そして私は、これからの生活の中で、
彼らからもたくさんの事を教えてもらう事になると思います。


■この記事の関連記事は↓。 

hanabusa-do.hatenablog.com

 

 

hanabusa-do.hatenablog.com

 


★はなぶさ堂の鳥たちの日々の写真や動画を、instagramに毎日ポストしてます!

www.instagram.com