読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と盆栽思考 / 白木蓮と鳥たち

ぜんぜん盆栽じゃないのですが…。
ベランダの白木蓮の低木、花の季節が終わって、
若い葉っぱがとてもキレイな時期なんです。
だけど毎年、春の強風に当てられて、あっという間に葉っぱがボロボロに…。

なので今年は部屋の中でお世話する事にしました。

f:id:hanabusa_do:20150426121530j:plain
150cmくらい高さの緑、部屋の中では少々大きめですが、
これが部屋にあるだけでなんだかとっても気分が良くなります。

f:id:hanabusa_do:20150426093224j:plain
さてさて、鳥たちはどんな反応をしめすのかな?

f:id:hanabusa_do:20150426093242j:plain
最初に留まったのは十姉妹の「あお(藍)♀」やっぱり緑と鳥は似合います。

f:id:hanabusa_do:20150426093117j:plain
暫くそこに留まって辺りを見渡していました。

f:id:hanabusa_do:20150426092731j:plain
今度は「ちょびちん(猪備珍)♀」
茶色と緑が似合うなぁ。ずっとそこに居て欲しいくらいです。

f:id:hanabusa_do:20150426093649j:plain
そして「あんこ(餡子)♀」も来ました。
こういう時、女のコの方が積極的なのは何でなのだろう…?。

f:id:hanabusa_do:20150425200516j:plain
夜になって、文鳥たちにもと思ったけど、
“文鳥”たちは見向きもしないので、何となく「あめ(飴)♂」と記念撮影。

f:id:hanabusa_do:20150425204412j:plain
はい、アルビノ文鳥の雪ちゃん♂も記念撮影。

そっか?この子達は人の手で産み落とされたんだった。
木と鳥って当たり前の組み合わせかと思っていたけど、
この子達にとっては始めての存在なんだなぁ…。

「似合う」と思うのも人の勝手な感情で、
実際は人の肩や手に止まっている方が、幾分安心なのかも知れませんね…。

“文鳥”たちにもそのうち木に慣れてもらいたいものです。
きっと、木の上も居心地がいいと思うよ。

instagram.com