読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と散歩道 / 幻の村 (新川村・埼玉県熊谷市)

河を一つ越えれば群馬県という場所、埼玉県の行田というところに探鳥散歩。
生憎の曇天模様でしたけど「幻の村」に辿り着いたのです!

f:id:hanabusa_do:20140817221804j:plain
行田駅前、
実はここ行田にある「古代蓮の里」という所を目的にしていたのです、
蓮畑の水鳥や田んぼに飛来するサギたちを見たかったのですが、
正午前の市内循環バス(1時間に1本ほど)を逃してしまい…。
駅前の観光案内所でレンタサイクル(無料)を借りる事にしました。

案内所の方に色々聞いてみると、「探鳥」ならむしろ、と、
行田駅から程近い、「新川」という廃村の事を教えてもらいました。
予定変更!早速、自転車を借りて出発!

f:id:hanabusa_do:20140817222814j:plain
駅から5分程度、歩いてもいける距離、に防波堤があり、
その向こう側が「幻の村」。
よりによってピンク色の自転車、だけど足回りは最高!
「ピンク丸号」と名付けて、いざ大海原へ!

f:id:hanabusa_do:20140817223152j:plain
ちょっと解りにくいですけど、田んぼや葦の群生に電柱が何本も立っているのです、
昔に村があった名残でしょうか?

f:id:hanabusa_do:20140817223322j:plain
こんな道を「ピンク丸号」で走りました。

f:id:hanabusa_do:20140817223459j:plain
しばし行くと素敵な看板に遭遇。
要するに、新川村は戦後すぐに廃村となったけど、
江戸時代の初めから300年程は500人位の人が住んでいて、
養蚕や船問屋として栄えていましたよ。
と言う事が書かれていました。
河川敷の村だから、水害等も大変だった事でしょう…。

f:id:hanabusa_do:20140817223403j:plain

所々に、少し朽ちてはいるものの、
案内看板あって当時の新川村を教えてくれました。
ちなみにここは「店んち」と呼ばれる雑貨屋さんだったそうな、
明治・大正時代に築かれたという石垣が残っておりました。

f:id:hanabusa_do:20140817224711j:plain
さて、ピンク丸号で道なき道も進みます。

f:id:hanabusa_do:20140817224812j:plain
当時、船着場だった場所の名残といわれる原っぱ、
ここは荒川の船着場だから、今で言うと江東区の南砂町辺りへでて、
日本橋の方まで行商に行ったんだろうなぁ…。

さてさて、ここを拠点に探鳥です!

f:id:hanabusa_do:20140817224937j:plain
上空には喉の奥から声を鳴らすようにして、アオサギが飛んでいました。

f:id:hanabusa_do:20140817225038j:plain
おっと、顔が後ろ向き。この子なに鳥っ!

f:id:hanabusa_do:20140817225117j:plain
ちょっとピンボケしたけど「ヨシキリ」くんかな?

f:id:hanabusa_do:20140817225205j:plain
地面すれすれではツバメが旋廻。早すぎて上手く撮れない…。

f:id:hanabusa_do:20140817225334j:plain
茂みに隠れる小鳥、なに鳥?

f:id:hanabusa_do:20140817225415j:plain
カワラヒワかなぁ?

f:id:hanabusa_do:20140817225452j:plain
田んぼには「チュウサギ」や、

f:id:hanabusa_do:20140817225526j:plain
アオサギ」も。

f:id:hanabusa_do:20140817225605j:plain
なんとかピントが合った「ツバメ」。

f:id:hanabusa_do:20140817225656j:plain
こちらは「ホオジロ」。ううん遠いなぁ…。

f:id:hanabusa_do:20140817225741j:plain
この季節の新川村はカワラヒワが多いようです、
上の写真だと3羽だけど、この辺の草むらに“わんさ”と居ました。

そのまま、田んぼのあぜ道を進んでいるとワサッと飛び立つ小鳥。

f:id:hanabusa_do:20140817225847j:plain
頭上の電線へ、これ全部カワラヒワです。
スズメかと思っていたら羽に黄色のラインがあります。

f:id:hanabusa_do:20140817230032j:plain
ほらね。スズメじゃない。

そして夕方、暗くなるギリギリの時間まで、
人の住んでいない幻の村の自然なエネルギーを身体に吸収。

f:id:hanabusa_do:20140817230451j:plain
今日一日お世話になった「ピンク丸号」との別れは名残惜しかったのです…。

今は夏ですけど、
季節によって表情を変える「幻の村」を見てみたいものです。