読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

十姉妹観察日記 / アシワヲツケル

1月に産まれた春組十姉妹4羽、
最近は大人になってきて囀り始めています。

だけど、囀っているのは4羽の中の1羽「九(いちじく)♂」だけのように見えます。
他の子達は女の子かなぁ…?
「九(いちじく)♂」にはクチバシの模様に特徴があったのですが、
成長と共にその模様が消えてきました。
そこで、見分けの為に足輪を付ける事にしたのです。

f:id:hanabusa_do:20140526234853j:plain

さてさて、「九(いちじく)♂」をカゴから出すと、
早速逃げてしまって箒にしがみつきました…。
だいたいみんな先ずココに逃げます…。

よし、捕まえるぞ!
「保定」はあんまり得意じゃないのですがチャレンジ。

f:id:hanabusa_do:20140526235202j:plain
ことりやさんに教わったとおり「二本指で首を優しく挟んで」。

f:id:hanabusa_do:20140526235313j:plain
優しく包み込むように。お、意外と大人しい。

f:id:hanabusa_do:20140526235611j:plain
それでも、やっぱり「九(いちじく)♂」からしては始めての体験。
手の中でもがき始めます。

さて、取り出だしたるは「市販の足輪」。

f:id:hanabusa_do:20140527000837j:plain
これ、総合ペットショップとかだとあんまり売ってないのです…。
右の黒いのが専用の装着装置です。(セットで200円くらいです)

f:id:hanabusa_do:20140527001204j:plain
↑こうして、足輪を装着装置に噛ませて広げたら、
鳥の足首に“シュッ”と滑り込ませる様に装置から外すのです。
※写真は見やすいように黄色の足輪でテスト、画像荒くてスミマセン…。

せーのっ、シュッ。

f:id:hanabusa_do:20140527001513j:plain

できたっ。
左手では「保定」をしつつ、右手は細やかな作業、
うっかり首を絞めたり出来ないので慣れない内は緊張感“大”です。

f:id:hanabusa_do:20140527082600j:plain
鳥が疲れないうちにと速やかにカゴに戻しました、
足輪を付けた「九(いちじく)♂」最初は嘴で足輪を突いていましたが、
1時間程度でもう慣れた様子。


紫色の足輪でおしゃれさん、「九(いちじく)♂」良い子に頑張りました。