読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

ビオトープのお掃除 / 春の芽吹きと金魚とスズメ

ベランダの睡蓮鉢をビオトープにしてからもう3年目です。
冬の間も伸び盛る「ウォーターマッシュルーム」と、
秋から冬に掛けて綺麗な枯れ草と化す「十和田葦」と「シラサギカヤツリ」。
鉢の中では金魚の「三」「四」「五」(←名前)が今年も冬を越してくれましたよ。

f:id:hanabusa_do:20140504152305j:plain
左から「ウォーターマッシュルーム」「十和田葦」「シラサギカヤツリ」。
根元の方に新芽が伸びて来たので一度「睡蓮鉢」から取り出して、
古い葉っぱを取り除いて。

f:id:hanabusa_do:20140504152502j:plain
モサモサを切り揃えてすっきりしました。床屋さんです。
鉢はドロドロですけどあえて磨いたりはしません、
そこには微生物や水を綺麗にするバクテリアが生きていますから、
髭が伸びすぎた苔を少しだけ排除するくらいです。

f:id:hanabusa_do:20140504152818j:plain
掃除中、睡蓮鉢では中身を持ち上げた為に底の泥が舞い上がって濁っています、
金魚たちはそんな中でも広々元気にしています。
縁周りの青苔だけは少し取り除いて鉢を戻しました。

f:id:hanabusa_do:20140504153038j:plain
数時間後、水も落ち着いて元通りにどんどん透き通っていきます。
苔や藻はよく伸びますが、たまに取り除くだけで後は微生物達に任せています。
何処から来たのか「巻貝」も発生していますが生態系が整えば、
貝類達も水を綺麗にしてくれます。

f:id:hanabusa_do:20140504154401j:plain
こうしてスズメ達も水を飲んで行ってくれると、
「そういうことにも役立つのだなぁ」と大きな生態系の環を感じます。

f:id:hanabusa_do:20140504154610j:plain
鳥と植物達と一緒に小さな水辺(ビオトープ)。
夏に向けて、園芸屋さんでも色々と水生植物が並びますから、
これからが楽しい季節ですね。

ああ、今日もいい天気だなぁ~。