読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

鳥と生活 / 文鳥「あめ」のネムイネムイ

文鳥の「あめ(飴)♂」は毎晩遅くまで私の頭に乗っかっています。
たまに、ぴきゃっと肩に降りてきて「遊んで~」とか「餌くれ~」をします。
あめ(飴)♂がカゴから出るのは夜の数時間。

そんな「あめ(飴)♂」の為にデスクに備え付けたのが「皿型の藁巣」。
陶器のお皿の上に置いて安定させて、縁に巣草を巻いただけですが、
乗っかっている内は、やんちゃな「あめ(飴)♂」も何となくおとなしく見えます。

f:id:hanabusa_do:20140324151817j:plain
「そこでおとなしくしててねぇ…。」

f:id:hanabusa_do:20140324160352j:plain
座った。

f:id:hanabusa_do:20140324152037j:plain

でも、もう飽きた…。

直ぐに飽きて、今度は止まり木タワーへ。

f:id:hanabusa_do:20140324152451j:plain

可愛い足。眠くなるとぽかぽか暖かくなってくるのです。

f:id:hanabusa_do:20140324152834j:plain

今度は長い間じっとしています。
「おとなしくしてえらいねぇ」と思ったら、どうやら眠くなって来たようです。

f:id:hanabusa_do:20140324153128j:plain

目がとろーん…。あめ(飴)♂ネムイネムイ…。