鳥とハーモニカ

はなぶさ堂の日々の事。

錦花鳥(キンカチョウ)

竹かごのおはなし

私はできる限りプラスチック製品を部屋に持ち込まないようにしています。とっても便利な樹脂製品、当然生活の至る所に使われているし、車やPC、携帯端末は然り、洋服やカバンにだって装飾されている時代だから「許せない」とか「絶対ダメ」という風には思わ…

ヒナたちのおはなし 其の弐 ‐キンカチョウ‐

冬の寒さも深まり、飼鳥たちにとっては温度の低下に気をつけたい時期ですが、1月も半ばに入って、やっと朝の陽の出の時間が少し早まって来た事が、飼い主にとっては嬉しいこの頃です。だって、朝が早く訪れてくれれば、その分だけ鳥たちに時間を使ってやれる…

鳥と生活 / 人間の事情と鳥の事情 其の弐 -キンカチョウの事情-

はなぶさ堂には今、キンカチョウが全部で5羽居ます。これまでブログで紹介をしているキンカチョウは「甜々♂」「なつめ♀」「たまき♀」の3羽でしたが、人の事情も色々で鳥の事情も色々で、その後増えたり減ったり…。時は5月、知り合いから「鳥を引き取って欲し…

鳥と生活 / 保定と爪切り

小鳥の爪を切る。私自身も数年前に詳しい方のブログ記事に助けられた事を思い出して、今回は小鳥の爪切りのお話を書いてみようと思います。 アルビノ文鳥の「ゆき(雪♂)」シナモン文鳥の「あめ(飴♂)」。この二人に協力をお願いしました。前回爪を切ったの…

ボロボロのキンカチョウ / たまき(環♀)のその後。

1月の半ばに引き取ったキンカチョウの「たまき(環♀)」。羽がボロボロになるまで、同じカゴの子達に虐められていた子でした…。 はなぶさ堂に来たばかりのたまき♀。尾脂線丸出し、風切羽や尾羽は殆ど無くて、主翼に隠れている背中の羽も殆ど引っこ抜かれてい…

鳥と生活 / 床ぐらしのキンカチョウ

先日お迎えした、キンカチョウの「たまき(環♀)」、羽がボロボロで飛べないので、生活は“床ぐらし”が主です。 たまに飛び上がってもせいぜい50センチくらいの飛躍…。ガゴの縁を梯子代わりに高いところに登ろうとはするけれど、最近は床の方が楽しいみたいで…

ボロボロのキンカチョウ / たまき(環♀)

ボロボロの服を着て、長旅にでも出ていたの?そんな印象を受けるキンカチョウを引き取りました。 尾羽も全て抜け落ちて、飛ぶ事すら苦手みたいで、床ばかりをウロチョロしています。 この子は色んな種類の鳥達30羽くらいと同じカゴに入れられていて、他の鳥…

鳥と生活 回想 2016ご挨拶

あけましておめでとうございます。昨年は色んなところで皆さんにお会い出来たり、SNSを通じてたくさんの方と知り合い、作品を買って頂いたり、このブログにお付き合いいただいている方々にも、感謝の一年でした。さて、今回は、昨年「はなぶさ堂」でお世話し…

出張!はなぶさ堂。第二段 / ことりやさんのお手伝い

5年ほど前からお世話になっている小鳥専門店「ことりやさん」(西東京市) 2015’12月5日(土)と6日(日)の2日間だけ、お手伝いをさせて頂く事になったので、このブログにも度々登場している「ことりやさん」について、詳しくご紹介させて頂きます。 西東京…

盆栽に、小鳥来る 開催中です。

前回紹介させていただきました企画展。「盆栽に、小鳥来る」が11月3日より高円寺の盆栽屋「ラビアデッソ」さんで開催されています。 盆栽と鳥をテーマに、作家さんたちの作品が所狭しと展示販売されています。 会場のラビアデッソさんの外観。高円寺の街中と…

盆栽に、小鳥来る

朝夕の秋の空気が少し肌寒くも感じる今日この頃、「鳥と盆栽」をテーマに作家さんたちと一緒に作品展を企画しました。デザイナーさんやイラストレーターさんとチームを組んで、久しぶりに作品展示の場。秋といえば盆栽の紅葉や実物もキレイな季節です。はな…

鳥と生活 / キンカチョウ「棗(なつめ)」の成長日記

なちゅ(なつめ)、大きくなりました。クチバシの色もオレンジ色に変わって、ホッペのチークが出ないという事は女の子かな? ついこの間までは、クチバシも黒色で、挿餌を欲しがっていたのに、あっという間にキレイなクチバシの色に変わりました。成長過程の…

鳥と生活 / キンカチョウの「棗(なつめ)」

遠ざかる命もあれば、産まれて来る命もあって…。十姉妹の久留米♂を亡くした翌週の事、前々から小鳥屋さんと約束していた「ヒナが産まれたよ」という吉報が入りました。久留米♂を亡くした直ぐ後の出会いという事もあって、気持は複雑でしたけどお迎えをするこ…

鳥と生活 / キンカチョウの甜 と 十姉妹の萩

キンカチョウの「甜(てん♂)」が来てから約一ヶ月、やっぱり手乗りではないのでなかなか懐いてはくれないものです…。ともあれ、諸々15羽も居る事だし寂しくは無いだろうと思っていたのですが…。 夜に放鳥はするものの、日中はカゴの中で一人ぼっち…。 ご飯…

鳥と生活 / 15番目の住人「キンカチョウの甜(てん♂)」

噂を聞きつけて、東武練馬という駅にある「ペットショップアイランド」さんに、初めて足を運びました。主に鳥類メインの昔ながらの雰囲気漂う貴重なお店。 こんなにたくさん鳥がいるなんてまるでパラダイス!珍しい鳥や、ヒナもたくさん!うさぎやハムさんも…